HOME > ニュース・情報コーナー > 議会一般質問 1日目

ニュース・情報コーナー

議会一般質問 1日目

議会一般質問 1日目     2020年6月17日

 

尾道市議会定例会が6月17日に開かれ、7人の議員が一般質問を行いました。

 

午前中は、志誠会と平成会の4人の議員が登壇しました。

 

志誠会の岡田広美議員は、新型コロナウイルスの状況下で、災害が起きた場合の避難所の運営について訊ねました。

 

平谷祐宏市長は「大規模災害時の長期滞在で、三密のおそれがある場合など、尾道市内の宿泊施設を利用できるよう準備を進めている」と答えました。

 

星野光男議員は、新型コロナウイルスに伴う尾道市の被害状況について質問しました。

 

平谷市長は「緊急小口資金の貸付は、2019年の0件に対し、2020年は132件。売上が減少した事業者を尾道市が認定するセーフティネット保証の認定件数は、3月が8件に対して5月は300件と大きく増えた」などと、市内の状況を説明。「感染防止のために中止した60以上の事業で、不要となる額は、2億円以上を見込んでいる、新たな対策も検討していきたい」と述べました。

 

平成会の吉和宏議員は、新型コロナウイルスに関して、何をもって収束とするか?いわゆる出口についなど質しました。

 

平谷市長は、「治療薬やワクチンが開発され、新型インフルエンザのように社会生活の一部として共生できるようになる事が出口であり、それまでは、新しい生活様式で予防しながら、社会や経済活動のレベルを上げていく必要がある」との考えを示しました。

 

午後からは、青嵐会と公明党の4人が登壇しました。

 

青嵐会の山根信行議員は、新型コロナウイルスに関する市への問い合わせ状況など質しました。

 

平谷市長は「専用ダイヤルを3月20日に設置し、6月15日時点で発症などに関する問い合わせが216件寄せられている」と答えました。

 

村上隆一議員は、複合災害が起きた場合の対応として、尾道市のテレワークの導入状況など質問しました。

 

平谷市長は「在宅勤務の際、市のネットワークにセキュリティを確保したうえで接続するシステムを準備中で、7月からの導入に向けて運用ルールの作成などを進めている」と答えました。

 

公明党の岡村隆議員は、新型コロナで休校が続いた子どもたちの学びについて質しました。

 

授業ができなかった部分の補習を行う指導員の配置について佐藤昌弘教育長は「現時点で、教員免許を持つ学習支援講師と授業アシスタント合わせて18人の配置が国から行われており、追加の措置を要望中」と答えました。

 

議会の様子は、本日、17日の21:00から再放送します。18日も引き続き尾道市議会定例会の一般質問が行なわれ、「ちゅピCOMおのみち」では、10:00からと13:00から生放送予定です。

月間アーカイブ

最近の投稿