HOME > ニュース・情報コーナー > トムとジェリー展

ニュース・情報コーナー

トムとジェリー展

トムとジェリー展 2020年7月6日放送

 

 

世界中で親しまれているアニメ「トムとジェリー」の、誕生80周年を記念した特別展が7月4日から、西土堂町の尾道市立美術館で始まりました。

 

展覧会は「誕生80周年 トムとジェリー展 カートゥーンの天才コンビ ハンナ=バーベラ」と題して行われ、アニメの原画やセル画などおよそ250点が展示されています。

 

また、トムとジェリーを生んだアニメーターのウィリアム・ハンナとジョセフ・バーべラの2人についても紹介しています。

 

「トムとジェリー」は、猫のトムと鼠のジェリーが「仲良く喧嘩する」ドタバタ劇をユーモアいっぱいに描いたアニメで、7回もアカデミー賞に輝きました。日本では1960年代に放送され、現在にいたるまで人気を博しています。

 

デビュー作品の「上には上がある」のセル画や設定資料、アカデミー賞に輝いた作品のスケッチや絵コンテなども見る事が出来ます。

 

その他、オリジナルグッズの展示や、2人のアニメーターが描いた「トムとジェリー」以外の人気作品wp紹介するコーナーもあり、大人から子どもまで、幅広い世代が楽しめる内容となっています。

 

誕生80周年トムとジェリー展の会期は9月6日まで、観覧料は大人1000円、高校生大学生800円、中学生以下は無料です。

 

「ちゅピCOMおのみち」では、展覧会のペアチケットをプレゼント致します。詳しくはちゅピCOMおのみちのHPをご覧下さい。

月間アーカイブ

最近の投稿