HOME > ニュース・情報コーナー > 瑞風再開へ訓練

ニュース・情報コーナー

瑞風再開へ訓練

瑞風再開へ訓練   2020年12月2日放送

 

JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の運行再開に向けた訓練が11月24日、報道向けに公開されました。


公開されたのは、瀬戸田町での観光を終えた瑞風の乗客が高速クルーザー「シースピカ」で瀬戸田港から尾道港に移動するルートの一部で、クルーや乗客役の関係者およそ30人が参加しました。


訓練では、感染防止対策としてシースピカへの乗船前にクルーが手や指の消毒を乗客に呼び掛け、船内では提供されるおしぼりや菓子を一つにまとめて配るなど接触回数を減らすための工夫が施されていました。

トワイライトエクスプレス瑞風は、新型コロナウイルスの拡大を受け今年2月から運休していて、JR西日本では瑞風の再開に向けて、感染防止策を踏まえた観光案内などの訓練を進めています。

尾道での立ち寄り観光でも、密集を避けるため移動用のバスを1台から2台に増やして対応するなど準備を行っていて、JR西日本 瑞風推進事業部の橋本宏志(はしもとひろし)担当課長は「運転再開に当たっては感染防止策をしっかり行っていく。お客さまには、更にサービスがレベルアップした瑞風を楽しんでほしい」と話していました。

瑞風は今後、試運転などを経て来年2月17日の再開を予定しています。

月間アーカイブ

最近の投稿