HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

議会 一般質問1日目

議会 一般質問1日目  2020年12月9日放送

 

尾道市議会12月定例会の一般質問が9日にあり、10人の議員が質問を行いました。


午前中は、公明党・木曜会の4人の議員が登壇。岡村隆議員は、コロナ禍での、尾道市立大学の就職状況についてなど訊ねました。


平谷祐宏尾道市長は、「11月現在、大学への尾道市内企業の求人状況は、昨年と変わらないが、内定率は10月末現在で、昨年に比べておよそ10ポイント低下して77%になっている」と述べました。就職支援については、「尾道市産業支援事業推進協議会と大学が連携して勉強会を開催し、双方向で情報を共有する事で学生の就職につなげたい」と答えました。
大本和英議員は、人工知能や情報通信技術・データなどを活用した市役所の運営についてなど質問しました。


平谷市長は「市役所に行かなくても、様々な手続きが完結できるシステムの構築を進めるべきだと考えている」と述べ「その基本となるマイナンバーカードの取得促進にも一層取り組みたい」と答えました。

午後からは、公明党・木曜会と青嵐会、平成会の6人が質問に立ちました。
青嵐会の高本訓司議員は新型コロナ感染が広がる中での尾道市のテレワーク導入状況などを質しました。
平谷市長は、7月に導入し「11月末までに市役所の25の課で、159人が実施し、勤務状況の把握の難しさやコミュニケーションの不足など課題が上がっている。今後、対応方法を見出してテレワークが進むよう着実に取り組みたい」と答えました。
平成会の柿本和彦議員は、コロナ禍での利用増加を踏まえ、家庭でスマホを使用する際のルール作りについて質問しました。


佐藤昌弘教育長は「2018年度の調査で、家でのスマホ利用に明確な約束がないとの答えが、小学4年生で19.9%、中学2年生で37.8%」と述べ「今後小中学校で始まる一人一台のタブレット端末利用に向け具体的なルールを定めるよう検討している」と答えました。

議会の様子は、本日、9日の21:00から再放送します。10日も引き続き尾道市議会定例会の一般質問が行なわれ、「ちゅピCOMおのみち」では、10:00からと13:00から生放送予定です。

ミスなでしこ表敬訪問

ミスなでしこ表敬訪問   2020年12月8日放送

 

尾道市出身で、着物の着こなしなど日本の和をテーマに美しさを競う「ミスなでしこ日本2020」の広島県代表になった烏田有実さんが12月7日、平谷祐宏市長を表敬訪問しました。


高須町出身の烏田さんは、現在、廿日市市の保育園で栄養士として働いていて、「小さなころから好きだった着物で、広島の魅力を発信したい」とコンテストに応募。5月にあった県大会で18人の中から代表に選ばれました。


着物姿で市長室を訪れた烏田さんは「日本大会では、代表として、広島や地元尾道のPRも行いたい。若い人たちに自分の姿を見て着物を着てみたいと思ってもらえるように頑張りたい」と抱負を話していました。
日本大会は、12月27日に京都市内で開かれる予定で、各都道府県の代表者たちが、着物姿での立ち居振る舞いの審査や、出身地の魅力を紹介するスピーチなどでグランプリを競います。


訪問を受けた平谷市長は「広島の代表というのは凄いこと。自信をもって尾道のこともしっかりPRしてきてほしい」とエールを送っていました。

12月市議会 開会

尾道市議会12月定例会 開会 2020年12月7日放送

 

 

尾道市議会定例会が12月7日に開会し、2019年度の決算を認定し、1億2,300万円を増額する2020年度一般会計補正予算案など20議案ほかを上程しました。会期は22日までの16日間です。

 

コロナ対策として、生活困窮者の家賃補填に500万円、尾道母子生活支援センターの衛生管理の強化と、無線インターネットの整備に170万円、夜間救急診療所の発熱外来施設の修繕に660万円などがあります。

 

吉和漁港の桟橋の改修と、向東の古江浜にある藻場の造成に合わせて1,400万円、浦崎の串浜漁港の岸壁を延長するために1,000万円などです。

 

その他、尾道市の貯金である財政調整基金へ1億6千万円積み立てます

 

病院事業では、980万円を追加してPCR検査関連機器や、AIを使った検温装置、人工呼吸器などを購入します。

 

議案の主なものは、3億4,980万円の千光寺公園頂上エリアのリニューアル工事請負契約に関する議案などがあります。

 

開会の模様は、本日7日の21:00から再放送します。議会は、9日・10日・11日に議員の一般質問が行なわれ、「ちゅピCOMおのみち」では、3日間とも生放送・再放送を予定しています。 

コロナ 県知事会見

【ちゅピCOM11ch 新型コロナ 湯崎英彦広島県知事記者会見(12/4)の放送】

 

◯警戒基準値の超過に伴い県が行う対策強化策および警戒強化の呼びかけについて

 広島県は新型コロナウイルスの高齢者施設でのクラスターの発生や、市中感染 の増加よって、警戒基準値の超過したことに伴い、県が行う対策強化策の発表と警戒強化の呼びかけについて会見を開きました。

この会見で,湯崎英彦広島県知事は,コロナ患者の発生が、他県【東京都 大阪府を除く感染状況が顕著な他県(北海道 埼玉県 愛知県)】の感染拡大傾向を参考にした場合に,現在のステージ2から12/21にはステージ3に引き上げもありうると話しました。

 

この会見の模様を通常の番組を変更して下記の日時で放送します 。

 12月4日(金)

 ・午後10時~

尾商同窓会 絵画展

尾道商業絵画展   2020年12月4日放送

 

尾道商業高校の同窓生たちによる絵画展が、土堂1丁目の尾道市立大学サテライトスタジオで開かれています。会期は12月7日までです。


この絵画展は、尾道商業高校の同窓生が、制作活動の成果を披露する場として、毎年開催しているもので、19回となる今回は、22人が制作した合計23点の作品が並んでいます。


出品しているのは、絵画団体に所属したり、趣味で絵を描いたり、それぞれ絵画活動をしているメンバーで、会場には油絵や水彩、切り絵、水墨画など多彩なジャンルの絵が展示されています。


描かれている題材も、風景や花などの静物、人物など様々で、訪れた人たちは、制作者たちの個性が光る作品をゆっくりと鑑賞していました。


第19回尾商同窓会絵画展の会期は12月7日まで。開館時間は10時から17時で、最終日は16時まで、観覧は無料です。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
453ページ中6ページ目