HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

セパタクロー全国初優勝

尾道セパタクロークラブ 全国大会初優勝 2019年6月6日放送

 

尾道市立大学の学生や卒業生たちでつくる「尾道セパタクロークラブ」が、2月に行われた全日本ジュニア選手権 男子の部で初優勝しました。

 

「セパタクロー」は、足や頭を使って、ネット越しの相手とボールを打ち合うバレーボールのような競技で、名前の「セパ」はマレー語の「蹴る」、「タクロー」はタイ語の「ボール」という意味です。

 

試合は3人対3人で行われ、専用のボールを3タッチ以内に相手コートに返します。

 

空中で蹴ってアタックを決めるなどアクロバティックな動きが特徴です。

 

全日本ジュニア選手権は2月に東京都で行われた大会で、男子の部には全国からおよそ60チームが参加し、尾道セパタクロークラブからは、尾道市立大学2年の大山皓生さん、角皆太規さん、鈴木和さんのチームが出場しました。

 

決勝戦では、大会8連覇中だった日本体育大学と対戦し、第1セットを失った後、第2、第3セットを制して逆転勝ちし、クラブ結成12年目にして初めて日本一に輝きました。

 

尾道セパタクロークラブは、2007年に設立したクラブで、現在、尾道市立大学の学生や卒業生たちおよそ20人が所属しています。

 

次の目標は、10月に行われる大学生対象の全国大会に出場することで、現在、メンバーたちは練習に力を注いでいます。

尾高7人制ラグビー全国へ

尾高7人制ラグビー全国へ     2019年6月6日放送

 

7人制ラグビーフットボール大会の全国大会に出場する尾道高校ラグビー部のメンバーが6月5日、久保1丁目の市役所を訪れ平谷祐宏尾道市長に大会での健闘を誓いました。

 

市長室には、ラグビー部の3年生から1年生のメンバー15人と田中春助監督が訪れ、平谷市長に大会への出場を報告しました。

 

7人制ラグビーは、通常15人で行なう試合を7人でプレーするため、1人分のスペースが広くなり、攻撃や守備の時の選択肢が多く、展開がスピーディになるのが特徴です。

 

尾道高校は、5月25日に行われた7人制ラグビーの広島県予選の決勝で、崇徳高校を38対0で下し、全国大会出場を決めました。

 

ラグビー部の田中監督は「今のチームは突出した選手はいませんがバランスのとれたチーム。7人制は15人制の力をつけていく上でもいい経験になっています」と話し、平谷市長は「ベストを尽くして、尾道旋風を起こしてきてほしい」とエールを送っていました。

 

大会は7月19日から長野県上田市の菅平高原スポーツランドで行われます。

しまなみ20周年イベント

しまなみ海道開通20周年イベント 2019年6月4日放送

 

 

瀬戸内しまなみ海道が開通20周年を迎え、尾道市内や今治市などで記念式典やイベントが開かれました。

 

JR尾道駅前では、ステージイベントなどが行われ、多くの人が開通20周年を祝い、楽しんでいました。

 

港湾緑地帯には、備後地域の物産や、手作り品を販売する「手仕事市」の店が並び、特設ステージでは、オープニングセレモニーが行われました。

 

主催者関係として、尾道市観光課の中原一通課長たち5人と、アイドルグループ「STU48」のメンバーの内3人が登壇。中原課長は「しまなみ海道は、開通20年を迎え、観光の道として役割が増している」と述べました。

 

STU48のメンバーが尾道についてなど話し、ファンの人たちと「しまなみ海道サイクリング」に出発しました。

 

遠くは東京などから訪れたファンは、抽選で決められた順番で、STU48のメンバーとサイクリングを楽しみ、しまなみ海道を堪能していました。

 

西御所町の岸壁には、航海練習船「みらいへ」が着岸し、帆を張る体験「セール張り体験」が行われ、多くの子ども達が参加していました。

 

向東小3年生の石藤蔵乃助君は「自分の力で帆が動いて楽しかった」と話していました。

 

今治市の村上三島記念館では、記念式典が行なわれ、平谷祐宏尾道市長たちが出席しました。

 

西瀬戸自動車道「しまなみ海道」は、尾道市と今治市を結ぶおよそ60kmの道路で、1999年5月に全通し、 近年は「サイクリングロード」としても人気を集めています。

開港850年 歴史講座

文化遺産パートナー養成講座 「開港850年 歴史」 2019年6月3日放送

 

 

尾道市の日本遺産などについて理解を深める「文化遺産パートナー養成講座」が5月30日、東御所町の「しまなみ交流館」で開かれました。

 

この講座は、尾道市の魅力を発信するため、文化財の解説や案内を行うガイドを養成する事業の一環として、尾道市などの主催で行われています。

 

今回は、尾道市文化振興課の西井亨さんが、開港850年を迎えた尾道の歴史など、古文書を元に解説しました。

 

尾道が、現在の世羅町にあった荘園の米などを一時保管する場所に選ばれた際の古文書や、尾道の寺に残る文化財など、豊富な資料を示しながら、開港からの様子を語りました。

 

講座の模様は、7月8日(月)からの「ちゅピCOMおのみちアカデミー」で放送予定です。ぜひご覧ください。

制服の茶会

制服の茶会 2019年6月3日放送

 

市内の高校の茶道部員がもてなす「制服の茶会」が6月2日、東久保町の浄土寺で行われました。

 

この茶会は、尾道北・尾道東・尾道商業・尾道高校の4校の茶道部員が参加し、日頃の成果を披露する場として毎年行なわれていて、今年で54回目です。

 

今回は、茶道部員およそ60人が参加し、裏千家の尾道北高校と尾道高校は、国の重要文化財である「方丈の間」で、表千家の尾道東高校と尾道商業高校は、客殿にある「梅の間」で客をもてなしました。

 

制服の茶会では、お茶を点てるお手前さんや、茶器などの説明をする半頭など、すべての役割を生徒が務め、各高校の部員たちは緊張しながらも、日頃の練習の成果を発揮しようと一生懸命それぞれの役割をこなしていました。

 

尾道北高校3年の小原 遥香さんは、「緊張しましたが、しっかりおもてなしができて良かったです」と話し、客として参加した女性は「高校生たちの初々しく爽やかな姿に元気を貰いました」と話していました。

 

今年の茶会には、およそ350人が訪れ、来場者たちは、国宝の寺 浄土寺の落ち着いた雰囲気の中で、生徒の点てたお茶を味わっていました。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >>
355ページ中10ページ目