HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

サイクリング尾道大会

第4回瀬戸内しまなみサイクリング尾道大会 2015年10月27日放送

 

第4回瀬戸内しまなみ海道サイクリング尾道大会が24日・25日開かれ、全国から集まったサイクリストが爽やかな秋晴れの下、海道沿線の景色を楽しみました。

 

向島から大三島を巡るおよそ116kmのコースと向島・因島・生口島の周回道路などを走るおよそ67kmコースに、北は青森県から南は鹿児島県まで、1,077人が参加しました。

 

向島運動公園で開会式が行われ、専用のナンバープレートを着けた自転車に、色とりどりのサイクリングウェアを身にまとった参加者が次々にスタートしました。

 

向島町の因島大橋下は、海岸沿いのワインディングロードで、サイクリストらはスピードをセーブしながら、布刈瀬戸と呼ばれる水道の景色を満喫していました。

 

補給食の配布とトラブルに対応するための休憩所「エイドステーション」が5箇所設置され、しまなみ海道ならではのおもてなしで、サイクリストを迎えました。因島の万田発酵では疲労回復用のクエン酸入りの飴や、健康食品の1つ「万田酵素」が入った、古代米を練り込んであるそうめんが振舞われていました。

 

車道と自転車道が併走している生口橋を渡ると、交通量が少なく走りやすい、生口島周回道路となります。サイクリストらは、岩城島など瀬戸内の島々を眺めたり、日本一の斜張橋 多々羅大橋を写真に収めたりと満喫していました。

 

瀬戸田のサンセットビーチ横に設けられたステーションでは、瀬戸田高校の生徒らが、瀬戸田名産のレモンの皮を砂糖漬けにした疲労回復用のお菓子「がじゅり」などを振舞いました。

 

多々羅大橋を渡り、大三島を1週するコースでは、高低差のある沿岸や山道を、声をかけ合いながら走行していました。

 

夕方頃に、ゴール場所の向島運動公園に参加者が次々と到着しました。ゴールすると、サイクリストらは、喜びの表情を浮かべ、汗を拭っていました。

 

向島運動公園では、向島のまちおこしグループの女性が、特産のワケギを材料に使った特製コロッケを販売し、多くのサイクリストらが販売ブースに訪れていました。

 

大会は尾道市から愛媛県今治市までのしまなみ海道を舞台に、本格的な自転車愛好家だけでなく初心者やファミリー層も気軽に参加できるサイクリングイベントとして開催されました。4回目となる今年は、主催者発表で7歳から81歳まで幅広い年齢層の参加がありました。

尾商「年金について授業」

尾道商業高校「年金について授業」 2015年10月27日放送

 

年金について考える授業が21日、古浜町の尾道商業高校であり、3年生全員が参加しました。

 

尾道商業高校では、3年前から「尾商学」と題して、学外から講師を招いて経営実習を行なったり、金融について学んだりと、商業関係の授業に力を入れています。

 

この日は、3年生192人が、日本年金機構三原年金事務所の平本かおりさんから年金の仕組みなどを学びました。

 

セミナーでは、国民年金と厚生年金の違いなど、基礎的なものから、老齢年金と障害年金など年金の種類、年金の納め方などが語られ、高校生らは熱心にメモを取っていました。

 

尾道商業高校は、尾商学の成果もあり、商業分野での生徒の活躍が続いています。今年は、高校生では、難易度の高い資格として知られる「ファイナンシャルプランニング2級」に3年生の1人が合格し、広島県高等学校ビジネスコンテストの簿記部門では2年連続団体優勝を果たしています。

 

尾商学は毎週行なわれていて、次回は消費者の立場から契約や売買について学ぶ「消費者教育講座」が開かれる予定です。

グルメサミットin尾道 開催

グルメサミットin尾道 開催   2015年10月26日放送

 

第28回 グルメ・海の印象派~おのみち~の食のイベント「グルメサミットin尾道」が24日からの2日間、JR尾道駅前緑地帯で開かれました。

 

これは、グルメを通して地域間の交流を促進しようと昨年から開かれているイベントで、今年は中国やまなみ街道の全線開通を記念し、「やまなみ」と「しまなみ」のご当地グルメが集合しました。

 

島根和牛の串焼きや出雲そば、境港市のカニだしラーメン、魚一匹を丸ごと串焼きにした焼きサバなど山陰地方ならではのグルメや、唐辛子を練り込んだ麺を使った三次市の唐麺焼き、神石牛を贅沢に使った神石高原町のハンバーガーなど県北のブースにも長い列ができていました。

 

山陽地方からは、三原のタコを使った天ぷらや福山のバラを使ったサイダー、しまなみ海道沿線の岩城島からはレモンをエサに混ぜて育てた「レモンポーク」の丼が出店。

地元尾道からも、尾道ラーメンや尾道焼きの屋台が並び、人気を集めていました。

 

 

今回初めて設置されたステージには、アニメソング界の大御所 水木一郎(みずき いちろう)さんがスペシャルゲストとして登場。お馴染みのアニメソングや料理アニメの主題歌などを熱唱し、集まった来場者らを沸かせていました。

 

また、しまなみ交流館前で開かれた菓子まつりには市内の店舗を中心に洋菓子や和菓子のブースが出店。今回初めて行われた手作りクッキー教室では、子ども達が卵白と砂糖でできたアイシングというクリームを使ってオリジナルのクッキーづくりに挑戦しました。

 

会場ではその他にも、イカフライや鰹節、因島産のメロンといった尾道の物産品なども販売され、主催者発表で2日間を通しておよそ9万人が訪れ賑わいました。

定例市長記者会見

定例市長記者会見 2015年10月26日放送 

 

定例市長記者会見が26日市役所で行なわれ、「尾道市の今後の人口減少対策など」について発表があり、その他、記者から「市役所本庁舎の地質調査」について質問がありました。

 

尾道市の人口減少に歯止めをかけ、若者の雇用などを生み出す為に尾道市は、市民から意見を募り、関連団体とのヒアリングを重ね「尾道市まち・ひと・しごと創生 人口ビジョン」と「総合戦略」を策定しました。

 

尾道市の2010年の人口はおよそ14万5千人で、1975年に比べ4万人程減少しています。

 

平谷祐宏市長は「2040年に人口規模11万人を維持する」と述べ、そのために「尾道ブランドの強化による仕事の場を作る」「市の魅力を活かして尾道へ移住する人を増やす」「子育て環境を整備して出生率を上げる」などの4つの基本目標を示しました。

 

この人口ビジョンと総合戦略は、今週後半には尾道市のHPで見ることが出来ます。

 

 

市役所本庁舎建て替えについて記者から「地質調査の結果」についてなど質問がありました。

 

調査は、昨年12月から今年3月まであり、現庁舎の周辺7ヶ所を掘りました。尾道市によると、震度6強の地震が起きた場合、現状のままでは庁舎周辺が深さ16メートル程度まで液状化する恐れがあるとしています。

 

建物を支える基礎として地中に打ち込むくいが、増築部分は25.0メートルまで達していた一方で、本館部分は深さ11.72メートルまでしかないことが判明。隣接する市公会堂部分は11メートルから13メートルまででした。

 

公表が今の時期になった理由について、大﨑多久司(おおさき たくし)庁舎整備担当参事は「地質調査の結果は庁舎整備検討委員や議員に情報提供して、その前提で議論を進めてきた。先日の議会で市民へ公表してはどうかとの提案があったので、このタイミングになった」と話しました。

 

その他、記者から「行楽シーズンの渋滞・駐車場対策」についても質問がありました。会見の様子は、本日26日、午後9時からと、27日午前7時と午後2時から放送します。

亀森八幡神社 秋の例祭

亀森八幡神社 秋の例祭 2015年10月23日放送

 

向島町兼吉の亀森八幡神社で9月末、秋の例祭が開かれました。

 

亀森八幡神社の例祭は、秋の実りに感謝し、五穀豊穣と土地の繁栄を願う祭りとして、毎年2日間に渡って行われています。

 

初日の26日には、午前中に祭典があり、夕方からはお宮に続く参道に屋台が並び、多くの地域住民が参拝に訪れました。

 

境内の神楽殿では、安芸太田町の堀神楽団が3演目を上演。

 

「塵倫」という演目では、第14代の「仲哀天皇」と従者「高麻呂」が、異国より日本征伐に来た鬼を退治する舞台が演じられ、訪れた人たちは迫力ある演技に見入っていました。

 

翌日には、神輿の巡行が行われ、2日間を通して多くの人が地域の秋祭りを楽しみました。

 

亀森八幡神社は、宝亀元年 西暦770年の創建と伝えられる向島の中心的な神社で、例祭の他にも、市の無形民俗文化財で翌年の作物の出来を占うオハキ神事や、新年に行われるとんどなど様々な祭りが行われています。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 >>
8ページ中2ページ目