HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

土堂小学校 研究発表会

土堂小学校 研究発表会 2015年12月2日放送

 

日頃の教育成果などを公開する、土堂小学校の研究発表会が先月、行われました。

 

土堂小学校では、「主体的に学ぶ子どもを育成する教育の創造」をテーマに、各科目で設定した課題を、児童が協力して解決することで、思考力や判断力・表現力などを高めることを目指しています。

 

発表会には、県内外からおよそ130人の教職員が訪れ、各学年で行われた授業を見学しました。

 

2年1組の教室では、国語と算数のモジュール授業が行われました。

 

モジュール授業は、科目ごとに15分で区切って、基礎を徹底して反復する学習のことで、国語では、早口言葉や俳句などを音読しました。

 

また、掛け算や、長さの単位を置き換えて計算する学習では、児童たちは問題が黒板に映し出されるたびに、すばやく答えを発表していました。

 

5年1組の教室では、地域の空き家問題について取り組んできた成果を発表しました。

 

児童たちは、これまで集めてきた情報をもとに、自分が今出来そうなことや大人になって出来そうなことなど、様々な視点での解決策を書き出し、班ごとにまとめて発表。

 

「空き家に住んでもらえるよう宣伝する」、「店やゲストハウスとして活用する」などの解決策が挙がっていました。

 

見学した教職員からは、「モジュール授業の内容や、児童達の表現力が豊かで、とても参考になった。自分の授業でも活かしたい」などの声がありました。

市議会 開会

市議会 開会 2015年12月1日放送

 

尾道市議会12月定例会が1日開かれ、市街地に温泉・宿泊施設を整備する民間業者への交付金などを含む総額11億5,600万円の一般会計補正予算案ほか、産業廃棄物の処理に関する訴訟の議案など28案が上程されました。会期は15日までです。

 

一般会計補正予算は、母子家庭などへの自立支援給付費2億200万円、障害児の支援事業費に1億円、財政調整基金の積み立てに4億1,000万円などが計上されています。

 

地域経済循環創造事業費およそ4,500万円は、総務省が推進する地域経済の活性化事業に応募した「尾道の民間企業」による、尾道本通り商店街に「廃業した温泉施設を再利用して」建設する温泉・宿泊施設の整備費を補正予算として計上。国の交付金で全額が賄われ、施設は来年度のオープンを目指しています。

 

訴訟の議案は、尾道市が下水道の汚れた泥の処理を委託していた世羅町の業者が、最終処分を行なわず、屋外で環境汚染を招いていることから、市が撤去に乗り出すのに際して、業者側に妨害しないように訴えを起こすものです。福山市や府中市など県内の5つの市も同様の訴訟に踏み切っています。

 

その他、高西町に尾道市と福山市が共同で建設している「高西東新涯ポンプ場」建設に関する議案は、ポンプ場の建設で、杭の7割が、建物の重さに耐えうる地盤まで達していないため、追加工事費の金額や工事期間を変更する案件です。

 

市議会は3日、4日に一般質問が行われ、両日、午前10時からと午後1時から生中継します。本日の議会の様子は午後9時から再放送します。

 

 

地震・火災フォーラム

第19回 地震・火災フォーラム 2015年12月1日放送

 

"地震や火災から文化財を守るために何ができるか"を考える、第19回地震・火災フォーラムが先月末、土堂小学校で開かれました。

 

これは、日本の文化遺産を地震や火災から守るための対策と、その方法などについて考え、それらを推進することを目的に、「地震火災から文化財を守る会」と、「NPO 災害から文化財を守る会」が主催しました。

 

会場では、平谷 祐宏尾道市長の開会挨拶に続き、「災害から文化財を守る会」の理事長 土岐 憲三さんが、会の活動などについて講話し、防災の大切さなどを語りました。

 

基調講演では、「わが心の故郷 忘れがたき尾道を語る」と題して、尾道出身の映画監督 大林 宣彦さんが、自身の子どもの頃のエピソードなどを交えながら、「昔から尾道の人々の暮らしの中には、自然界とうまく付き合っていく知恵がある」と話し、自然災害との向き合い方を考える必要性を語りました。

 

その後、前文化庁記念物課の課長 高橋 宏治さんが、「日本遺産としての尾道の魅力」と題して講演し、「尾道の文化をいかに守り育てるか」というテーマでパネルディスカッションが行われました。

 

ディスカッションには、浄土寺の住職 小林 暢善さんや、尾道の老舗旅館 竹村家の女将 武田 敬子さん、尾道出身のNHK元解説委員 毛利 和雄さんら4人がパネリストとして参加。

 

自然災害が文化財などにどのような影響を与えるのか、また、昔の尾道の人々が自然災害から文化財を守ってきた方法などについて、それぞれ意見を出し合い、尾道の文化財や景観を自然災害から守る方法など話し合いました。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 >>
6ページ中6ページ目