HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

尾道スイーツコンテスト

「2015尾道スイーツコンテスト」 試食審査会 2016年2月1日放送

 

「2015尾道スイーツコンテスト」の試食審査会が1月29日、向島町の市民センターむかいしまで行われました。

 

このコンテストは、尾道を代表する農産物を使ったオリジナルスイーツを開発、商品化し、尾道の食べ物の魅力を広くPRしようとするもので、今回で4回目です。

 

今年のテーマは生産量全国一を誇る尾道産のレモンを使ったスイーツで、備後圏域で菓子類の製造・販売をしている事業者から8作品の応募がありました。

 

審査会には、コンテストを主催するおのみちスローフード推進協議会などから10人の審査員が参加。応募者が作品のレシピや特徴などを紹介した後、試食会を行い、「見た目」「レモンの使用具合」「味」などについて審査し、グランプリ1点、準グランプリ2点、Wink賞1点を選びました。

 

結果、グランプリには、高須町のパン店「ゆういちのパン屋Mush」の作品「トラディショナル レモンパイ」が選ばれました。

 

準グランプリには原田町のカフェ「Yama-sora PERCH CAFE」の作品「やまそら レアチーズケーキ・尾道レモン風味」と、土堂2丁目の洋菓子店「10月のさくら」の作品「尾道レモンのミルリトン」が選ばれました。

 

また、Wink賞には、瀬戸田町の洋菓子店「パティスリーオクモト」の作品「リフレッシュ!レモン」が選ばれました。

 

今回、試食審査された作品は、2月25日発売予定の情報誌Wink備後版3月号に掲載されます。

第5回 女流秀策杯

第5回 女流秀策杯 2016年2月1日放送

 

プロとアマチュアの棋士が対局する「第68回本因坊秀策囲碁まつり・第5回女流秀策杯」の決勝戦が1月31日、向島町の市民センターむかいしまで行われました。

 

本因坊秀策囲碁まつりは、江戸時代に活躍した因島出身の天才囲碁棋士 本因坊 秀策に因み開催されている囲碁大会で、一般参加者が、腕前に合わせて対戦するクラス別競技や、プロによる指導碁などが行われました。

 

女流秀策杯は、前日に予選を勝ち抜いたアマチュア8人と、プロ8人によるトーナメント戦で、公開対局の決勝戦では、日本棋院の加藤 啓子六段と、同じく日本棋院の金子 真季初段の対局となり、静かで熱い戦いが繰り広げられました。

 

盤面解説は、NHK「囲碁講座」でもおなじみの、日本棋院 石倉 昇九段が務め、分かりやすい解説で会場を盛り上げました。

 

序盤は接戦していましたが、最後は加藤六段が中押し勝ちで優勝。賞金50万円を手にしました。

 

その他、38人が参加したクラス別競技大会の入賞者はご覧の通りで、尾道からは17人が参加しました。

 

Aクラス 優勝(初段以上) 中川 万脩(兵庫県)

Bクラス 優勝(1級~4級) 渡辺 典子(三原市)

Cクラス 優勝(5級以下) 松本 ななみ(広島市)     ※敬称略

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 >>
7ページ中7ページ目