HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

文化協会 通常総会・講演会

尾道市文化協会 通常総会・文化講演会 2016年6月10日放送

 

尾道市文化協会は5月24日、市民センターむかいしまで通常総会と文化講演会を開きました。

 

総会にはおよそ80人の会員が出席し、はじめに吉村 功会長が「皆さんと共に昔からの文化や芸術を継承していきたい」と挨拶。昨年度の事業報告や決算を承認し、今年度の事業計画と予算を決めました。

 

事業計画では、今年10月に開催される「第34回総合文化祭 尾道の美展2016」において、囲碁と将棋の魅力を発信する場を設ける案などが報告されました。

 

総会終了後、三原市芸術文化センターポポロの館長を務める作田忠司さんによる講演会が開催されました。

 

作田さんは、東京生まれで上智大学在学中からクラシック音楽業界にかかわり、日本を代表する演奏家や作曲家と数多くのコンサートやレコード・CDの企画を行いました。

 

また、プロの音楽家のマネージャーとして国内外の音楽ホールを巡る等、多岐にわたる活動を経て2010年に三原市文化センターの館長に就任しました。

 

講演で作田さんは、音楽が持つ感情との親和性、芸術が持つ社会への批評性などについて自らの経験や考えを交えながら語り、会員らは興味深そうに聞き入っていました。

 

尾道市文化協会は、1946年に尾道文化研究会として発足。1981年に市内の数多くの文化団体を結集して設立しました。

 

また、2005年の御調町・向島町、2006年の旧因島市・瀬戸田町との合併を経て、現在も尾道の文化の向上を目指しています。

尾商 楽天IT学校

尾道商業高校 楽天IT学校 2016年6月9日放送

 

楽天株式会社による高校生向けの電子商取引の授業「楽天IT学校」が5月30日から、古浜町の尾道商業高校で始まりました。

 

「楽天IT学校」は、生徒たちが1年間、インターネットサイトの運営を実践しながら電子商取引について学ぶ授業で、毎年、全国の高等学校を対象に開かれています。

 

尾道商業高校では3年前から授業を取り入れていて、今年度は、旅行予約サイト「楽天トラベル」の宿泊予約管理について知識を深めています。

 

授業では、尾道国際ホテルの協力のもと、生徒たちが4つのグループに分かれて宿泊プランなどを企画し、「楽天トラベル」での販売を目指します。

 

授業には、商業科の3年生18人が参加し、楽天株式会社 トラベル事業 国内営業部の沼井 公啓さんと、尾道国際ホテル 支配人の寺岡 靖治さんが講師を務めました。

 

30日は、インターネット販売についての基礎などを学び、沼井さんは、「商品を紹介する時は、形状や仕様などの情報、競合商品と比べて優れた点、購入者にとっての利点を伝えることが大事です」と説明しました。

 

また、授業では、「1個13,000円のハンガーをどのように売るか」という課題が出され、生徒たちはグループごとに商品の利点などを話し合い、「服がかけやすい」「軽くて使いやすい」「持ち運びに便利」などの意見を発表していました。

 

授業に参加した井川 寛之君は、「学んだことを活かして今後の宿泊プランを企画していきたい。インターネットの通販を利用する時にも授業内容を思い出しながら利用したい」と話していました。

 

最も優秀なプランを企画したグループは、来年1月に東京で開催予定の「楽天IT甲子園」に出場し、全国の代表校の1校として自分たちの企画を発表します。

村上海賊 学ぶ研修会

村上海賊 学ぶ研修会   2016年6月8日放送

 

日本遺産に認定された村上海賊への理解を深める研修会が6月3日、因島土生町のホテルいんのしまで開かれました。

 

研修会には、因島を中心にした地域住民や市の職員などおよそ110人が出席し、はじめに村上海賊因島推進協議会の村上祐司会長が「今日は我々にとってスタートの日。皆さんと情報を共有し、水軍の魅力を世界に発信していきたい」と挨拶しました。

 

続いて「日本遺産《村上海賊》について」と題して、尾道市文化振興課 学芸員の西井亨さんが、日本遺産の目的や認定された村上海賊のストーリーなどについて講演しました。

 

西井さんは、因島の白滝山や市内に点在する城跡、椋浦の法楽おどりなど、スライドを示しながら日本遺産を構成する文化財を紹介し、「海賊は単なる軍隊ではなく、水先案内人や船の警護、商人、漁業者など様々な役割を担っていた」などと解説しました。

 

研修会は、因島商工会議所などで作る村上海賊因島推進協議会が主催したもので、会場では懇親会なども開かれ、出席者全員で日本遺産について学び認定の喜びを分かち合いました。

楠本さんエレクトーン演奏

楠本さんエレクトーンコンサート 2016年6月7日放送

 

尾道出身の楠本まどかさんの、電子オルガン・エレクトーンコンサートが6月5日、栗原西のマスハラ楽器で開かれました。

 

楠本さんは、4歳からマスハラ楽器でエレクトーンを習い始め、今年の3月に洗足学園音楽大学を卒業。現在は、ヤマハエレクトーンデモンストレーターとして、関東を中心に演奏活動を行なっています。

 

コンサートは、音楽や楽器に親しんでもらおうと、マスハラ楽器主催で行なわれ、会場にはおよそ80人の人が訪れ、楠本さんの演奏に聞き入りました。

 

楠本さんは、ルパン三世のテーマ曲や、映画パイレーツオブカリビアンの挿入曲など、アップテンポの曲を、全身を使って演奏し、曲が終わるたびに観客からは、大きな拍手が送られていました。

 

その他にも、「かえるの合唱」をオーケストラ風に編曲した曲や、楠本さんが作曲したオリジナル曲「レイニー」を演奏しました。「レイニー」は、しっとりと降る雨の様子を音にした、今の季節にピッタリの曲で、訪れた人は、そっと目を閉じて聞き入っていました。

 

コンサートでは、電子オルガンの仕組みの説明や、最新のエレクトーンの紹介などもはさみ、全部で11曲を演奏しました。

 

楠本さんは「故郷の尾道で、ソロ演奏だけでなく、所属しているバンドの演奏もしてみたいです」と話していました。

 

マスハラ楽器では、今後も色々な音楽イベントを企画しています。詳しくはHPをご覧下さい。

東高 ALS留学生と交流会

東高 ALS留学生と交流会   2016年6月7日放送

 

広島県内のAFS留学生と尾道東高生らの交流会が5月28日にあり、参加した生徒らが尾道を散策しながら友好を深めました。

 

交流会には、尾道東高校国際教養コースの1年生40人と、県内のAFS留学生10人が参加。

学校で互いに自己紹介した生徒らは、留学生を含む5人1組のグループに分かれて散策に出発しました。

 

東高校の生徒らは、前もって調べていたルートにそって千光寺公園や本通り商店街、海岸通りなどを周り、それぞれの場所の特徴などを留学生らに英語で紹介していました。

 

参加した留学生らも東高校の生徒らと積極的に会話を交わしながら、尾道の観光を楽しんでいました。

 

交流会は、異文化交流に取り組むAFSの主催で行われたもので、英語を学ぶ東高校の生徒と、日本語や日本の文化を学ぶAFS留学生が、互いに理解を深め、学習意欲を高め合える機会にしようと毎年開かれています。

 

案内した東高校の生徒は「違う国への興味がわいた。もっと英語を勉強したいと思った」などと話し、ノルウェーから東広島の賀茂高校に留学しているアンディ君は「色々なところを周れて勉強になったし、楽しかった」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 >>
7ページ中5ページ目