HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

市議会 一般質問

市議会 一般質問   2016年12月9日放送

 

8日に引き続き、尾道市議会12月定例会が9日に開かれ、3人の議員が一般質問を行いました。

 

 

尾道未来クラブの前田孝人議員は、市役所本庁舎の建て替えについて、液状化の問題や、観光客らも集える庁舎が本当に必要かどうかなど尋ねました。

 

平谷祐宏尾道市長は「日本の多くの都市は沿岸部の埋立地に形成されている事から液状化に対する建築技術は十分に確立されている」と述べ、「尾道市の新しい庁舎においても建設場所の地質や、想定される地震の十分な検証を経て適切な方法を採用している」と強調。「さらに、国土交通省の指定機関による性能評価や大臣認定を受ける事になっている」と安全性に問題は無いとの認識を示しました。

 

又、新しい庁舎を「防災拠点として整備し、合理的な市政運営が出来て、人々の交流や賑わいを創出する“尾道のランドマーク”を目指して設計を進めている。出来るだけ経費を抑えながら魅力的な庁舎を目指す」と述べました。

 

 

続いて登壇した公明党の福原謙二議員は、災害発生時の避難所での情報確保や、市が発行する証明書のコンビニ交付についてなど質問しました。

 

避難所へのWiFi設置について平谷市長は「携帯電話事業者が、自治体からの要請で臨時の回線を整備するが、普段から支援要請の手順を確認していく、さらに主要な避難所となる小中学校には、NTT西日本の協力で特設の公衆電話回線を敷設している」と答えました。又「災害時の情報を一元管理するシステムの導入を検討している」と述べました。

 

コンビニエンスストアでの証明書交付については「交付に必要な“マイナンバーカード”の普及率は市民の7%、初期投資には3,400万円必要」などデータを示し、「市民ニーズや、費用対効果などを総合的に判断していきたい。まずは、マイナンバーカードの普及に努める」と答えました。

 

午後からは、日本共産党の岡野長寿議員が登壇し、教育行政の改善や市独自の橋代補助についてなど質しました。

 

少人数学級の実施について佐藤昌弘教育長は、「習熟度に応じた少人数の指導は効果的と捉え、今年度は学習支援講師4人、授業アシスタント5人、特別支援教育支援員58人を市独自の予算で小中学校に配置。児童生徒への指導充実を図っている」と答えました。

中学校給食の改善については「デリバリー給食を選択制にした結果、家庭の弁当と給食、パンなどが混在し、食育指導がしづらい面があり課題と受け止めている」と話しました。

 

独自の橋代補助について平谷市長は、「橋代の負担感は高速道全体の課題として、国や関係機関に軽減を要望してきた。市でできる事を研究する一環として、しまなみ海道の利用実態を調査しており、市民を特定する方法について道路管理者と連携して研究を進めていく」と述べました。

市議会一般質問

市議会一般質問 2016年12月8日放送

 

尾道市議会の12月定例会が8日に開かれ、4人の議員が一般質問を行いました。

 

創生会の大崎延次議員は観光施策としてのJR尾道駅西側 港湾駐車場の高層化や、新しい本庁舎へハローワークを移転する案についてなど質しました。

 

港湾駐車場高層化について平谷祐宏尾道市長は、「JR尾道駅から西御所にかけての駐車場不足は喫緊の課題と認識している。現在、地元の経済界、観光協会、警察、広島県などでつくる委員会で、駐車場増設も含めた西御所地区の町づくりについて議論している」と述べました。

 

ハローワークの移転については「移転先に上げられている多目的スペースは、市民が集うコミュニティの場として計画している。税の申告相談など臨時に多数の人が集まる際も利用する為、ハローワークの面接会や相談会の会場として使うことは可能と考えている」と答えました。

 

続いて登壇した誠友会の柿本和彦議員は、高齢運転者の免許返納や市内の武道場の整備についてなど質問しました。

 

高齢者の自主的な免許証返納について平谷市長は「2014年が256件、2015年が364件、2016年は10月末現在302件で年々増加傾向にある。今後も自主返納を促す効果的な方策について警察等と連携して研究したい」と述べました。

 

市内の武道場の設備不足について佐藤昌弘教育長は「国の伝統や礼節を学ぶ上でも武道は青少年の健全育成に有意義と捉えている。現在は小・中・高の学校施設やびんご運動公園等を活用して頂いてるが、専用施設の整備は課題と捉え引き続き検討していく」と答えました。

 

午後からは、新和会星野光男議員と、市民連合の城間和行議員が登壇。星野議員は、災害対策について時間を割きました。

 

尾道市から様々な災害情報が発信される「尾道市 安心安全メール」について市長は「今年度は、大雨時の避難準備情報や、避難勧告など25件の情報を発信した。登録者数は、11月末現在5371人で、毎年着実に増えているが、市民全体の割合は低い」と述べ「広報活動に努める」と答えました。 安心安全メールの登録手順は尾道市のHPに掲載されています。

 

続いて登壇した城間議員は「子育て」についてや、外国人のための施策についてなど尋ねました。

 

市長と教育長は「幼稚園・保育所などの保育料無料化には年間2億5,700万円、幼小中の給食無料化については5億900万円必要」と答弁。「多額の財政負担を要する為に慎重に研究したい」と述べました。

 

子育て環境を整えて、人口を増やす事について市長は「平成23年から平成27年までに毎年207人から630人の社会減(転出超過)になっている。2060年までに年間100人から160人ほど減る」との見通しを述べ、「社会減の抑制に全力で取り組む」と力を込めました。

 

外国籍の人にもわかりやすい「やさしい日本語」の取り組みについて市長は「広報誌などに“やさしい日本語”のコーナーが掲載できるか研究したい。尾道市のHPは“やさしい日本語”のページを作成する方向でいる」と答えました。

 

本日の議会の様子は午後9時から再放送します。市議会は9日も一般質問があり、ケーブルテレビで午前10時からと午後1時から生放送します。

ぼれぇカンターレ2016

ぼれぇカンターレ2016    2016年12月7日放送

 

向島出身の両親を持つテノール歌手、村上公太さんらによるコンサート「ぼれぇカンターレ2016」が11月27日、東御所町のしまなみ交流館で開かれました。

 

コンサートは今年で5回目の開催で、会場ではオペラやオペレッタ、ディズニーソングメドレーなどの楽曲が演奏されました。

 

今回は、テノールの村上さんのほか、ソプラノの守谷由香さんと前嶋のぞみさん、バリトンの高田智士さんが参加し、4人のハーモニーで訪れた観客を魅了しました。

 

コンサートの第1部では、ホームソングメドレー イタリア編と題して4人で「サンタルチア」や「帰れソレントへ」などカンツォーネの代表曲を歌ったほか、オペラ「ラ・ボエーム」の一幕を披露。情感のこもった歌声で観客を魅了しました。

 

2部では、ホームソングメドレーの日本編として「花」「荒城の月」「浜辺の歌」などの日本の唱歌に続いて、ディズニーメドレーやNHKの朝の連続ドラマの主題歌メドレーなど、親しみのある楽曲が披露されました。

 

このコンサートの模様は来年、1月1日からのちゅピCOM11chおのみちスペシャルで放送予定です。お楽しみに。

厚生労働大臣表彰

厚生労働大臣表彰 2016年12月7日放送

 

長年、民生委員・児童委員を務めている三軒家町の檜山 俊郎さんが、厚生労働大臣表彰を受け12月6日、市長室で表彰状の伝達式が行なわれました。

 

式では、平谷 祐宏尾道市長から表彰状と記念品が手渡され、檜山さんが感謝の言葉を述べました。

 

厚生労働大臣表彰は、民生委員・児童委員として在職期間が20年以上で、これまでに県知事表彰を受けた事がある人を対象に行なわれ、今回は全国で315人、県内で6人が表彰されました。

 

檜山さんは、1989年から現在まで27年間、民生委員・児童委員として活動していて、日比崎地区の民生委員・児童委員協議会の会長を18年務めるなど、指導的な役割も果たしています。

 

また、日比崎地区社会福祉協議会の理事や、地域密着型サービス運営委員会委員など、社会奉仕活動や、20年にわたる消防団員活動など、長年にわたる地域に根ざした取り組みが評価され、今回の表彰となりました。

 

檜山さんは「地域のために活動できれば幸いです」と話していました。

西国街道展

「西国街道をゆく~尾道本通りを歴史散策~」 2016年12月6日放送

 

江戸時代の本通り商店街近辺の歴史的スポットを紹介する展示会「西国街道をゆく~尾道本通りを歴史散策~」が2017年3月まで、土堂1丁目の尾道商業会議所記念館で開かれています。

 

この展示会は、江戸時代後期の本通り商店街の街並みを知ることで、現在の国道2号線にあたる、西国街道に沿った歴史散策を楽しんでもらおうと開かれています。

 

会場には、関連資料などおよそ30点が展示され、当時の絵地図には、江戸時代後期に活躍した尾道出身の女流画家 平田玉蘊の生家や、当時の役所である町奉行所の位置が詳しく記されています。

 

また、身分の高い旅行者の宿場で、1590年に天下を統一した豊臣秀吉が宿泊したとされる本陣の場所や、石工と呼ばれる石材を加工する職人が集まって住んでいた石屋町などの位置も記されていて、当時の街並みの雰囲気を味わうことが出来る展示会となっています。

 

展示会の会期は2017年3月1日までで、開館時間は午前10時~午後6時まで。入場は無料で、毎週木曜日は休館日です。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 >>
7ページ中5ページ目