HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

今村監督 舞台挨拶

映画「Start Line」今村監督 舞台挨拶 2017年2月10日放送

 

映画「Start Line」の上映に合わせ、映画監督で、生まれつき耳に障がいを持つ今村 彩子さんの舞台挨拶が2月4日、東御所町のシネマ尾道で行われました。

 

この作品は、健常者とのコミュニケーションと向き合うために、今村監督が57日間かけて、沖縄から北海道までを自転車で縦断し、旅先で出会った人との交流などを記録したドキュメンタリー映画です。

 

コミュニケーションに苦手意識を持つ今村監督と、厳しくも思いやりのある言葉を投げかける伴走者、様々な人との交流を通して、意思疎通における本当の妨げとは何かを問いかける作品です。

 

舞台挨拶は、シネマ尾道の河本 清順代表理事との対談形式で進められ、今村監督は作品の内容や映画を作った経緯などを話し、映画を見た人から様々な感想が寄せられました。

 

作中では、旅の途中で尾道に立ち寄り、地元住民と触れ合うシーンもあり、この日は尾道での出演者が映画上映の記念として、今村監督に花束をプレゼントしました。

 

今村監督は、「この映画はサクセスストーリーではないけれど、皆さんの心の中に残ったら嬉しい」と話していました。

冊子「尾道ひと模様」寄贈

冊子「尾道ひと模様」寄贈   2017年2月10日放送

 

尾道東高校の1年生たちが、市内で活躍する人たちの姿を英語で紹介した冊子「尾道ひと模様」を作成し2月9日、平谷祐宏市長へ冊子を寄贈しました。

 

市長室を訪れたのは、代表の1年生10人と倉田雄司校長たちで、平谷市長に完成した冊子を手渡し、内容や製作過程などを報告しました。

 

「尾道ひと模様」は、冊子づくりを通して街を見つめ直し、尾道を訪れる外国人に町の魅力を発信しようと、総合的な学習の時間を利用して制作したもので、1年生およそ200人を10グループに分け、昨年9月から取り上げる人の選定やインタビュー、英語への翻訳作業などを行ってきました。

 

冊子には、水軍太鼓や寺、美術館、柑橘、空き家再生など、市内で活躍する10人へのインタビューが英語で掲載されていて、様々な側面から尾道の魅力が感じられる内容に仕上がっています。

 

冊子を受け取った平谷市長は「尾道では、他にも冊子に出られるような人が沢山活躍している。できるだけ海外の人の目に触れる場所に置いて活用したい」と話していました。

 

市長室を訪れた北島大輝君は「インタビューした人たちからは、尾道への熱意を感じ、自分ももっと街のことが知りたいと思った。尾道は海外からの観光客も多いので多くの人に読んでもらいたい」と話していました。

日比崎小 国際交流

日比崎小の児童 台湾 嘉義市の児童と交流 2017年2月9日放送

 

尾道市の国際交流活動 推進事業の一環として、台湾の嘉義市にある北園国民小学校の5・6年生の児童11人が2月6日、日比崎小学校の児童たちと交流しました。

 

屋内運動場で開かれたセレモニーで、日比崎小の全児童630人が歌をうたい、北園国民小の児童たちを歓迎しました。

 

その後、北園国民小 児童の自己紹介に続き、全員で、アンケート形式のクイズゲームを行いました。

 

日比崎小の児童が、北園国民小の児童に、英語で「どれが好きですか」と質問。果物や季節、スポーツなど、テーマ別のイラストを基に、一番多く選ばれるものを予想して当てるゲームで、児童たちは楽しみながら互いに交流を深めていました。

 

また、北園国民小の児童たちは、2本のスティックに通した糸で操るコマのパフォーマンスを披露し、日比崎小の児童たちは、華麗なコマさばきに驚きながら、拍手を送っていました。

 

北園国民小6年の何 昕瞳さんは、「日比崎小の皆は親切でフレンドリーです。日本では礼儀や作法を学んでみたいです」と話していました。

 

セレモニーの後、児童たちは、外国語の授業やクラブ活動などを通して交流を深めました。

 

尾道市は、昨年12月に、台湾の嘉義市と友好交流協定を結んでいて、青少年の健全育成を目指し、今後も、児童や生徒同士の交流を進めていく予定です。

恵谷さん陶芸展

恵谷さん陶芸展 2017年2月9日放送

 

向東町の陶芸作家、恵谷幸史さんの展示会が、西土堂町の「画廊喫茶 孔雀荘」で開かれています。

 

今回、孔雀荘で4回目となる恵谷さんの展示会には、茶碗、湯飲み、コーヒーカップ、皿など食器を中心に、およそ400点が展示・販売されています。

 

稲藁を焼いて出来る灰を主原料にした釉薬「藁灰釉」を使って、青緑色に焼き上げたコーヒーカップや皿などが特に注目を集めています。

 

恵谷さんは、建築関係の大学を卒業後、物作りを志して、備前焼の専門学校に入学。窯元で修行後、15年前から陶芸家として独立しています。

 

毎日の生活の中で、使いやすく・楽しめる食器作りを心がけている恵谷さんは、「茶色や黒色など、シックな色の皿に、色とりどりの和食を盛り付けてほしい」と話しています。

 

展示は2月13日(月)まで、西土堂町の「孔雀荘」で開かれています。開店時間は午前9時から午後6時までです。

栗原町民大会

栗原町民大会 2017年2月8日放送

 

栗原町の地域住民が集まる初めてのイベント「栗原町民大会」が2月5日、栗原小学校で行なわれました。

 

町内会やイベント実行委員会が主体となって企画したもので、地域で子ども達を育て、地域の絆やコミュニケーションを深めようと行なわれました。

 

第1部では幼稚園児と小学生の合唱。第2部では地域で明るく前向きに生きるための講演会が行なわれ、第3部では大人たちが踊りなどの演技を披露しました。栗原幼稚園の子ども達は、元気な声で3曲を歌い、訪れた人が盛んに拍手を送っていました。

 

栗原小学校のコーラス部とブラスバンド部の演奏では、アンコールが沸き起こり、先生たちも参加して盛り上がりました。

 

第2部では、年間400回の講演をこなし、人権・男女共同参画・コミュニケーションなど多岐にわたる話題で人気の矢野大和さんが講師を務めました。

 

矢野さんは、神社の宮司であり、大分の観光大使などを務めた経験から、日本の高齢者の生き方や、少しの言葉で皆が前向きになる事、さらに日本人の性質など、笑いを交えて語りました。

 

第3部では、尾道みなと祭りの「躍りコンテスト」にも毎年出場している「門田町内会」が「ええじゃんSANSA・がり」を踊りました。最後に、栗原町にある烏須井八幡神社青年会が神社の秋祭りなどで歌われている唄を披露しました。

 

主催者の1人、宇根本茂さんは「子どもが学校を卒業した後も、学校を中心に地域の事を考えるきっかけになれば嬉しい」と話していました。

 

このイベントと講演会の模様は3月20日から放送予定です。お楽しみに!

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 >>
7ページ中5ページ目