HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

海技学院 実習船

海技学院 実習用帆船 出航式 2017年2月7日放送

 

栗原東にある船舶の乗組員を養成する「尾道海技学院」と「海洋共育センター」は、6級海技士のプログラムとして民間が所有する「帆船 みらいへ」での実習を開始しました。

 

2月5日(日)には、西御所町の岸壁に係留された日本で唯一、民間が所有し運航している練習用の帆船「みらいへ」で出航式が行なわれ、実習生12人と関係者が参加しました。

 

出航式で、尾道海技学院の村瀬保文会長と、海洋共育センターの蔵本由紀夫(くらもと ゆきお)理事長が挨拶。実習生を代表して佐山卓矢さんが決意を述べました。

 

「みらいへ」は、総トン数230トン、全長52.16m、幅8.6mで、3本のマストを持つ帆船です。旅客船でありながら、練習用の帆船としても活用されていて、この度「尾道海技学院」の6級海技士を養成するプログラムの乗船実習用の船となりました。

 

尾道海技学院は、国内を航行する船の乗組員の不足を受け、2009年から航海を専門にする6級海技士の短期養成プログラムを開設しています。

 

6級海技士は、船員として働く上で、必須の資格ですが、実習用の船舶の確保が難しく、実際に運航している貨物船などで訓練を行なっていました。

 

運航している船には、指導員がいないため、十分な訓練ができない事もあり、この度「みらいへ」での実習が始まりました。

 

海洋共育センター事務局の向井邦昭さんは「指導員が乗り込み、沢山の生徒と一緒に訓練が出来るメリットは大きい。基礎をしっかり学んでほしい」と話していました。

男女共同参画 市長に答申

男女共同参画 市長に答申   2017年2月7日放送

 

尾道市男女共同参画審議会は、平谷祐宏尾道市長から諮問を受けていた、市の男女共同参画基本計画案について2月7日、審議の内容を平谷市長に答申しました。

 

審議会のメンバーや関係者らが市長室を訪れ、來山 弘通審議会会長が「慎重に議論を重ねた結果、計画案が妥当なものであると認めます」と述べ、平谷市長は「答申に基づき、男女共同参画社会の実現に向けて取り組んでいきたい」と答えました。

 

男女共同参画基本計画の策定は、近年の社会環境の変化や2016年から施行されている国の女性活躍推進法などを受けて進められてきたもので、2017年度からの5年間で関連する86事業が実施される予定です。

 

計画の中には、子育てや地域活動を行う女性団体等のネットワークの構築、国籍や文化の違いに対する理解の促進、また、男女共同参画の視点に立った防災対策など様々な分野の事業が盛り込まれていて、尾道市人権推進課では今後、計画の概要版を市民へ配布したり、ホームページなどで取り組みの進捗状況を発信したりして、市民への周知を図っていきたいとしています。

いきいき大学 学生祭

尾道いきいき大学 学生祭 2017年2月6日放送

 

尾道市社会福祉協議会が主宰する、60歳以上の人を対象にした講座「尾道いきいき大学」の学生祭が2月4日、門田町の総合福祉センターで開かれました。

 

学生祭は、俳句や園芸、パソコンなど、様々な講座を開講している「尾道いきいき大学」の受講生の成果発表の場として毎年開かれているものです。

 

会場では、茶道や舞踊などのステージ発表と、絵画や書道、生け花など10講座から、第42期生300人の作品およそ500点が展示され、訪れた人たちは力作に見入っていました。

 

ステージでは、お茶の作法の紹介や英会話の合唱などが披露され、入り口では甘酒のふるまいやパンの販売も行われて、会場は多くの人で賑わいました。

 

尾道市社会福祉協議会の村上 光範会長は「作品を見た人たちが、自分も何か始めてみたいと感じてもらえれば嬉しい」と話していました。

 

尾道市社会福祉協議会では、来年度の新入学生を募集しています。

 

受講対象者は尾道市内在住のおおむね60歳以上の人で、講座は1ヶ月に2回程度あり、一部を除き3年間で修了となります。

 

申し込みは2月13日(月)から3月17日(金)まで。

 

詳しいお問い合わせは、電話0848-22-8385 尾道市社会福祉協議会 地域福祉課までです。

商店街 英会話セミナー

尾道本通り商店街セミナー 2017年2月6日放送

 

尾道本通り商店街を訪れる、外国人を「もてなす」機会を増やそうと2月6日、尾道市などが主催して、英会話講師が店舗を回り、店主と英語を楽しむセミナーが開かれました。

 

尾道への外国人観光客が増加する中、商店街の人に英会話でコミュニケーションをとり、外国人へのサービスのあり方などを学んで、集客につなげてもらおうと企画されました。

 

尾道市観光課の植田邦裕さんと、福山在住の英会話講師、ノラ・フローレンスさんの2人が、商店街の18店舗を回って買い物を行い、店主達が英語で対応しました。

 

土産品などを数多く揃える「尾道ええもんや」では、販売担当の今本能梨子(いまもと のりこ)さんが、フローレンスさんの「甘くて美味しいものはありますか?」との質問に答えて、商品を勧めていました。

 

招き猫の置物を販売している「ギャラリー都」では、店主の円福寺都(えんぷくじ みやこ)さんが「ベリーラッキー・キャット」などと片言の英語で説明を行い、フローレンスさんも頷いていました。

 

多くの外国人が訪れる「工房尾道帆布」では、お店の人達が「ロープウェイ乗り場までの道順を聞かれることが多いので、どのように答えたらよいか?」など相談していました。

 

数店舗回った後に、フローレンスさんは「商品のメニュー表が日本語のみのところが多い。税込価格かどうかなどの表記も必要なのでは」と課題を投げかけていました。

 

2月9日には、セミナーの一環で、英語のメニュー表や広告などを作るワークショップが、尾道本通り商店街で行なわれます。

西國寺 節分会

西國寺 節分会 2017年2月8日放送

 

節分の日の2月3日、西久保町の西國寺で恒例の節分会が開かれ、多くの参拝者で賑わいました。

 

西國寺の節分会は、国の重要文化財である金堂から、年男らが豆や餅・菓子などを撒きます。

 

豆の袋の中には大福・中福・小福の当りくじが忍ばせてあり、その年の開運を願って多くの人が集まります。

 

会場では、今年の年男である啓文社の手塚 弘三代表取締役会長ら14組の夫婦が裃姿で登場し、金堂で麻生 章雄住職らの読経が行われました。

 

境内では、大数珠が参拝者に回され、無病息災を願い、多くの人が数珠に触れていました。

 

麻生住職が、「皆さんが、新しい1年に向かって日々進んで頂ければ幸いです」と挨拶した後、年男らが金堂の廊下から「鬼は外、福は内」の掛け声で勢い良く豆をまき、境内を埋め尽くした沢山の人が、福を求めて手を伸ばしていました。

 

この日用意されたのは豆1万袋で、豆まき終了後、大福5万円1本、中福5千円10本、小福千円30本の当選者の引き換えが行われました。

 

大福を手にしたのは、高須町に住む黒田 英司さんで、「夢みたいです。これを足がかりに、今年はいい年にしたい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 >>
7ページ中6ページ目