HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

清正公まつり

清正公まつり 2017年5月16日放送

 

熊本地震の復興を支援する「清正公まつり」が5月13日、長江1丁目の妙宣寺で開かれました。

 

この祭りは、熊本城を築城した、安土桃山時代の武将 加藤清正とゆかりのある妙宣寺が、地震で壊れた熊本城などの再建を支援しようと初めて企画したもので、様々な催しが開かれました。

 

会場では、はじめに、本堂の裏の清正公堂で法要が営まれ、祭りの開催を記念して、秘仏として安置されてきた加藤清正の坐像が公開されました。

 

書院では、妙宣寺にゆかりのある茶道 速水流のお茶席が設けられ、尾道の元廣社中がお点前を披露しました。

 

お茶席には、速水流7代目家元の速水 宗樂宗匠をはじめとする来賓や一般客らが訪れ、美しい所作で点てられたお茶を楽しんでいました。

 

広間では、日本各地の文化財の研究などに携わってきた、立正大学の中尾 堯名誉教授による講演があり、妙宣寺に保管されている文化財の1つ「絵曼荼羅」の掛け軸の歴史や特徴などについて解説しました。

 

その他にも、境内では門前市が開かれ、瀬戸田特産のレモンを使ったサイダーや、御調特産の柿酢、また、熊本県の郷土料理「辛子蓮根」を乗せたうどんなども販売されました。

 

清正公は、熊本城主として国づくりに尽力した加藤清正を、当時の人が親しみを込めて呼んだ名で、妙宣寺の加藤 慈然住職は「尾道らしさで盛り上げ、祭りを楽しみながらも、熊本地震の災害のことを多くの人の記憶にとどめていく機会になれば幸いです」と話していました。

 

祭りの売り上げは、熊本地震の復興支援金として被災地へ送られます。

 

また、今回行われた講演の様子は、6月19日(月)から放送予定です。おたのしみに。

大原さんチョークアート

大原さんチョークアート 2017年5月16日放送

 

向東町の大原郁香さんの「チョークアート作品展」が東御所町 駅前再開発ビル2Fの「おのみちecoライフ館」で開かれています。

 

チョークアートは、ブラックペイントを施した板に、オイルパステルで描く色彩豊な近代的アートで、飲食店のメニューボードなどにも使われています。

 

大原さんは、学生の時に語学留学したオーストラリアでチョークアートに出会い、卒業後の2011年に現地のアートスクールに入学し、現在は尾道でチョークアートの作品制作や教室を主宰しています。

 

尾道での個展は3年ぶりで、1mを超える大作や、猫をモチーフに描いた作品、平和の願いを込めて描いたものなど、色鮮やかな作品10点が、訪れた人の目を楽しませています。

 

展示会は、5月26日(金)まで、東御所町の駅前再開発ビル2Fの「おのみちecoライフ館」で開かれています。

 

19日からは、アメリカのロサンゼルスで開く日本人作家3人との合同展示会に作品を送る為、展示内容が変更します。

岡田さん絵本パネル展

岡田さん絵本パネル展 2017年5月16日放送

 

戦争に巻き込まれた子どもたちの状況などを描いたパネル展「絵で語る 子どもたちの太平洋戦争」が5月26日まで、防地町の尾道市人権文化センターで開かれています。

 

この展示会は、三原市在住の元美術教師で、 自身の戦争体験をもとに絵本を出版し、平和の大切さを伝える活動をしている岡田 黎子さんの作品展です。

 

会場には、絵本に掲載されている絵のパネル32枚が解説付きで展示されていて、岡田さんが体験した女学校での教育や、竹原市にある大久野島での毒ガス実験、被爆後の広島で行った救護活動などが描かれています。

 

作品にはその他にも、学校での軍隊のような行進や、兵器作りを手伝う様子などが描かれていて、作品からは、戦争によって自由を奪われていく子どもたちの過酷な状況が伝わってきます。

 

パネル展「絵で語る 子どもたちの太平洋戦争」は5月26日まで開かれていて、観覧は無料です。

 

詳しいお問い合わせは、電話0848-37-2631尾道市人権文化センターまでです。

JR尾道駅 イベント

JR尾道駅 サヨナライベント 2017年5月15日放送

 

建て替え工事のため5月15日で営業を終える「JR尾道駅」のサヨナライベントが14日、駅周辺で行なわれました。

 

片岡茂樹駅長の挨拶と、尾道学園音楽部の演奏でイベントが始まり、集まった人から大きな拍手が送られました。

 

列車の写真などを切り抜いて作る「缶バッジ作成コーナー」や、子ども用の駅員の制服を着るコーナーなどに長い行列が出来ていました。

 

駅舎の壁などにメッセージを書くコーナーでは、子どもから大人まで、多くの人がペンを取り、コメントを書き込んでいました。

 

駅舎見学では、案内役の片岡駅長が現在の駅にある「レールを使ったホームの柱」について説明し「新しい駅舎にも一部を使用する予定」と話していました。

 

その他、駅舎の古い写真などの展示も行なわれ、年配者が立ち止まり、昔話に花を咲かせていました。

 

現在の尾道駅は、1891年に建てられた初代駅舎を増改築して今の形になっていて、新築建て替えは125年ぶりで、新しい駅舎は2018年の夏に開業する予定です。総工費およそ17億円をJR西日本が全額負担します。

 

5月16日(火)の始発列車からは、東隣に建てられている仮駅舎の利用が始まります。片岡駅長は「新しい駅舎に期待してほしい」と話していました。

御調高校で真田授業

御調高校 真田授業 2017年5月12放送

 

御調高等学校で4月、御調町に伝わる戦国武将の「真田家」についての授業がありました。

 

 

御調町の活性化に取り組む授業の一環で行なわれ、尾道市文化財保護委員の住貞義量さんが85人の生徒を前に「御調発の真田丸」と題して話しました。

 

御調町に伝わる「真田伝説」は、戦国武将の真田幸村(さなだ ゆきむら)の息子、真田大助(さなだ だいすけ)が、御調町に生存していたというもので、真田大助のものと思われる金箔が施された刀の鞘や、家系図などが見つかっています。

 

授業を受けた紙屋和真くんは、「歴史で有名な武将の伝説があったことがすごい」と驚いていました。

 

竹志幸洋校長は「御調の活性化に向けて、どういう切り口で取り組んで行くか、生徒たちに期待しています」と話していました。

 

御調町に伝わる「真田家」の伝説は、広島県の「里山」を活性化させる取り組み「ひろしま、さとやま未来博」のプロジェクトに採択されています。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 >>
6ページ中4ページ目