HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

新年初市

尾道浜問屋協同組合 新年初市 2018年1月5日放送

 

尾道浜問屋協同組合は1月5日、土堂2丁目の住吉神社で恒例の新年初市を開きました。

 

新年初市は、江戸時代から続くと言われる伝統行事で、組合の加盟企業の関係者らおよそ100人が参加しました。

 

初セリの前に営まれた神事では、浜問屋協同組合の幹部らが業界の発展と今年の豊漁を祈願しました。

 

続いて行なわれた永年勤続従業員表彰では、組合企業に勤めて10年になる15人に賞状と記念品が贈られました。

 

その後、浜問屋協同組合の森川秀孝理事長の挨拶に続き、株式会社カタオカの片岡彰一郎さんを競り人に、今年の初競りが行われました。

 

競りは「札入れ」という方式で行われ、仲買人らが、境内に並べられた瀬戸内産のいりこやチリメンなどの乾物の周りに集まり、威勢の良い掛け声を上げながら商品の値段を書き込んでいきました。

 

現在、尾道浜問屋協同組合の加盟企業は34社で、古くから全国に販売ルートを持っている企業が多いことから、この初市でついた値段は、その年の相場を左右するとも言われています。

 

尾道浜問屋協同組合によると、今年は、40品目およそ26トンが競りにかけられ、取引額は4,698万円あまりとなりました。

尾道 年末年始

尾道年末年始 2018年1月4日放送

 

2017年から2018年にかけての年末年始、尾道の様子をお伝えします。尾道本通り商店街のセンター街では、恒例のカウントダウン「風船くじ」があり、およそ500人の人出で賑わいました。

 

センター街にある鉄板料理の店「玉扇」は、イベントに合わせて、年越しソバを300食用意し、訪れた人が並んでいました。

 

10分前から1分毎にカウントダウンがあり、10秒前からは、全員の大合唱で年明けとなりました。2018年を迎えると同時に、センター街の天井の3箇所に吊るされた風船2,000個が入った袋が開きました。

 

風船の中には、大福・中福・小福の券と福袋がもらえる券が入っていて、参加者は、風船を靴で割るなどして券を手にしていました。

 

大福はセンター街の商品券がもらえ、福袋には、センター街にある店舗のグッズや商品が入っていて、福を手にした人は、新年の当たりくじに笑顔を見せていました。

 

カウントダウンイベントは、センター街で20年以上行なわれているもので、10数年前から、風船くじを始め、年末年始の恒例行事となっています。

 

尾道の初日は、雲の関係で、太陽が完全に顔を出したのは、日の出時刻の7時13分をかなり過ぎてからとなりましたが、雲の隙間から太陽が徐々に顔を出し、昇る毎に、尾道の街に明かりが差し込んでいました。

 

そして、元日から頑張っているのが受験生です。JR尾道駅前の尾道塾徹底教室では1日から、受験に備えた追い込み授業が行なわれました。

 

高校受験を控える中学3年生およそ30人が授業に臨み、新年から勉学に励みました。桑田民雄塾長は「あけましておめでとう」と挨拶し、「皆が合格したときにもう一度おめでとうと言いたい」と激励しました。

 

名物の紅白饅頭を受け取った生徒らは屋上に上がり、河野信一郎講師の恒例の掛け声で合格を祈願しました。

 

その後生徒らは、数学と英語の講義を受け、受験へ向けて気を引き締めていました。尾道塾徹底教室は、1976年に英国留学を終えた塾長が開設した教室で、尾道最大規模の地元密着型の塾として毎年、市内高校を含め多くの合格者を出しています。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 >>
6ページ中6ページ目