HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

子ども会駅伝大会

尾道市子ども会駅伝大会 2018年3月5日放送

 

 

市内各地区の子ども会が参加する、尾道市子ども会駅伝大会が3月4日、栗原町のびんご運動公園で行われました。

 

大会には久保・御調西・向島中央・瀬戸田など市内19地区から、およそ380人の子ども達が参加しました。

 

開会式で、尾道市子ども会育成連合協議会の末留勇会長が挨拶し、瀬戸田生口地区の森本君と吉和地区の王野(おうの)さんが選手宣誓を行ないました。

 

競技は、自由参加のジョギングと地区対抗の駅伝があり、ジョギングコースには子ども達や保護者らおよそ300人が参加してそれぞれのペースで走りました。

 

駅伝は各地区の子ども会の選手が競技場周辺と公園に隣接する尾道工業団地までの20区間、およそ25kmを襷でつなぎます。

 

1年生から6年生のそれぞれの学年から選ばれた選手は、襷を受け取ると、次の中継点まで力いっぱい走っていました。

 

選手らは、中継地点に近づくと、苦しい表情を見せながらも最後の力を振り絞って速度を上げていました。

 

 

沿道には、多くの保護者が応援に訪れ、特に競技場のスタンドでは保護者や同級生らが大きな声援を送っていました。

 

結果、優勝は栗原子ども会、準優勝は高須子ども会、3位は浦崎子ども会です。

こども食堂 講演会

こども食堂に関する講演会 2018年3月2日放送

 

「こどもの居場所作り」や「こども食堂」に関する講演会が2月24日(土)、門田町の尾道市総合福祉センターで行なわれました。

  

これは、子育て支援を行なう公益財団法人「ひろしまこども夢財団」の主催で行なわれたもので、およそ120人が来場しました。

 

会場では、財団の三好久美子理事長と、尾道市の澤田昌文副市長の挨拶に続き、東京で4ヵ所の「こども食堂」を運営する栗林知絵子さんが講演しました。

 

こども食堂について、一部で貧困家庭の子どもが食事を取るスペースとの認識が広がっていますが、栗林さんは、「家庭や地域で出来ていた、食事・団欒・コミュニケーション・遊び・学習などを皆で行なう場所」と話し、「相対的な貧困の解決なども図っていかなければ」と述べていました。

 

講演終了後は、尾道市内2箇所の「こどもの居場所作り」活動の発表など、4団体の事例発表がありました。

 

尾道市は2018年度の予算案に、新規事業として市内のこども食堂を支援するための事業60万円を盛り込んでいます。

女子ソフト 表敬訪問

女子中学ソフト 県代表表敬   2018年3月2日放送

 

全日本中学生女子ソフトボール大会に、広島県選抜チームのメンバーとして出場する、栗原中学校2年の有田麗さん、狩口彩瑛さんの2人が2月27日、市役所を訪れ大会での健闘を誓いました。

 

 

2人は現在、栗原中学校のソフトボール部と、クラブチームの栗原ソフトボールクラブに所属していて、有田さんはキャプテンで内野手、狩口さんはエースピッチャーとして活躍しています。

 

広島県の選抜メンバーは合計17人で、2人は昨年2回行われた選考会を経て、今回初めてメンバーに選ばれました。

 

俊足が持ち味という有田さんは「選抜チームでレギュラーをとり、塁に出て足を生かしたい」と話し、ボールのスピードとスタミナが武器という狩口さんは「レベルの高い選手との対戦が楽しみ。優勝に貢献したい」と意気込みを語っていました。

 

訪問を受けた平谷祐宏尾道市長は「県代表のメンバーに選ばれるのはすごい事。いい試合ができるよう頑張ってほしい」とエールを送っていました。

 

大会は3月25日から27日まで大阪市のセレッソスポーツパーク舞洲で開かれ、都道府県の代表48チームがトーナメント方式で対戦します。

ママさんバレーボール大会

ちゅピCOMおのみち杯ママさんバレーボール大会 2018年3月1日放送

 

 

第18回ちゅピCOMおのみち杯ママさんバレーボール大会が2月18日、栗原町のびんご運動公園メインアリーナで行われました。

 

今回は、市内のママさんバレーボールチーム11チーム、およそ110人が参加し、開会式で、尾道ママさんバレーボール連盟 貝川理事長が開会宣言。主催者の「ちゅピCOMおのみち」北村社長が「練習の成果を存分に発揮して下さい」と挨拶しました。

 

恵谷尾道バレーボール協会副会長が「寒い中の練習大変だったと思います。決勝目指して頑張って下さい」と激励、井上尾道ママさんバレーボール連盟会長が「今日一日楽しくプレーして下さい」と述べ、最後に平谷尾道市長が「皆がママさんの大会を応援している事を大変嬉しく思います」と挨拶しました。

 

因島の「しらたきクラブ」キャプテン、島谷陽子(さんが選手宣誓し、平谷市長の始球式で試合が始まりました。

 

ちゅピCOMおのみち杯は、チームのレベルを問わず、抽選で分けたグループで予選を行い、各グループの1位が決勝トーナメントに勝ち上がる方式です。

 

勝利数やセット数の他、得失点差なども影響し、上位チームが負ける事もある大会で、どのコートでも白熱した試合となりました。

 

ABCコートを勝ち抜いた3チームが決勝トーナメントへ進出し、くじ引きの結果、準決勝は「高嶺クラブ」と「S・V・T」が対戦。

 

決勝戦は昨年と一昨年の優勝チーム「ミネルバ」と「高嶺クラブ」の試合となり、結果「ミネルバ」が3連覇を果たしました。

 

閉会式で入賞チームには、尾道商工会議所や地元企業から提供された豪華景品と、ちゅピCOMおのみちで放送している専門チャンネルの供給会社から提供されたプレミアムグッズなどが送られました。

 

個人賞の最優秀選手賞は「MINERVA」の刈屋田英水香さんが受賞しました。尾道商工会議所会頭賞は、準優勝「高嶺クラブ」の森元昌美さんが、特別賞には、3位SVTの浜原奈央さんが選ばれました。

 

大会の模様は3月5日~11日まで予選と決勝戦に分けて放送予定です。お楽しみに!

消防局 日本語研修会

消防局 日本語研修会 2018年3月1日放送

 

尾道市消防局の職員が、緊急時に外国籍の住民へ伝わりやすい話し方を学ぶ研修会が2月20日、東尾道の尾道消防防災センターで開かれました。

 

この研修会は、外国籍の住民に、災害時の緊急情報を素早く伝えるための対話力の向上を目的に開かれたもので、研修会には消防職員や尾道市役所の職員たちおよそ40人が参加しました。

 

研修では、ひろしま国際センター研修部 日本語常勤講師の犬飼 康弘さんが、スクリーンで例文を写しながら、分かりやすく伝えるために、曖昧な表現や難しい言葉を使わないようにすることなどを説明しました。

 

会場では、緊急速報などを分かりやすく要約する練習も行われ、参加者らはグループで相談しながら、言葉を置き換えた文章をシートに書き込んでいきました。

 

研修会に参加した尾道市消防局 御調分署の高垣 敦消防士は「救急現場で意思疎通が素早く出来なかった経験があるので、学んだことを今後に活かしていきたい」と話していました。

 

3月6日には日比崎公民館で、日本語教室に通う外国籍の住民25人が参加する防災学習会が開かれ、今回、研修を受けた消防職員が、緊急時の内容の伝え方などについて講習を行う予定です。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 >>
7ページ中7ページ目