HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

第2回レモン祭

第2回レモン祭 2018年4月4日放送

 

レモンの生産量日本一を誇る瀬戸田町で3月18日(日)「第2回レモン祭」があり、レモンに関する様々なイベントが開かれ、1万人以上の人出で賑わいました。

 

瀬戸田市民会館の敷地内に設けられたステージで開会式があり、川﨑育造実行委員長が「日本一のレモンを通して、瀬戸田町の魅力を世界に発信したい」と挨拶しました。

 

続いて、来賓の平谷祐宏尾道市長と吉田尚徳市議会議長が祝辞を述べました。

 

ステージでは、瀬戸田の和太鼓集団「島衆」の演奏、ダンススクールの子ども達の演技があり、多くの親子連れが、拍手を送っていました。

 

瀬戸田レモンをPRするキャラクター「モンモンレモンちゃん」がステージに登場し、瀬戸田小学校6年生の箱崎真心さんがデザインした襷がレモンちゃんにプレゼントされました。

 

続いてステージでは、せとだレモン大使の葉月美姫さんが登場して、PRソング「モンモンレモンちゃんダンス」を歌い、訪れた子ども達が楽しそうに身体を動かしていました。

 

出店ブースでは、輪切りレモンを入れた「レモンうどん」、レモン一個を丸々絞った「レモンスカッシュ」、もち米にレモン果汁と皮を入れて蒸した「レモンもち」など、レモン祭ならではのメニューが並び、訪れた人が列を成していました。

 

今年は、お酢にレモンを加えた長さ20メートルの特性の巻き寿司を作る企画があり、およそ100人が参加しました。完成したまき寿司は、会場の人に振舞われ、好評を博していました。

 

その他、レモンの皮を積み上げる「レモンタワー」大会、レモン丸ごと一個を食べきるタイムを競う競技など沢山あり、盛り上がっていました。

 

瀬戸田町のレモンは今年の寒波の影響で、被害が広がっていますが、農家の人たちは「対策を立てて、今後もレモン作りを頑張りたい」と話していました。

シネマ尾道 外看板制作

シネマ尾道 外看板制作 2018年4月3日放送

 

俳優の満島真之介さんと、絵本作家の長田真作さんが、3月31日と4月1日の両日、子ども達と一緒に東御所町の映画館「シネマ尾道」の外壁に設置する看板を制作しました。

 

満島さんと長田さんは、小中学生達およそ20人と一緒に、縦4m、横80cmの大きな「シネマ尾道」と書かれた木製の看板を作りました。

 

シネマ尾道には、2008年のオープンから、外看板がなく、尾道大好きと言う満島さんと長田さんが中心となって看板制作にとりかかりました。

 

文字は、長田さんがデザインしたもので、正規に使用しているシネマ尾道のロゴに比べて少し柔らかい雰囲気となっていて、切り抜いた木材を子ども達が白いペンキで塗りました。

 

又、2人と子ども達は、看板制作で余った木材を利用して「上映中」や「少しお待ち下さい」などドアなどに立てかける小さな看板も作っていました。

 

満島さんは、尾道出身の大林宣彦監督の最新作「花筐」の他、多くの映画に出演し、その演技力が評価されている若手俳優です。

 

呉市出身の長田さんは、独学で絵本の創作を続け、2016年の作家デビュー時に、3つの出版社から相次いで発刊するなど、人気を集めています。

 

10年来の友人という2人は、旅行で訪れた尾道に魅了され、尾道でモノ作りや創作活動がしたいと、このたびシネマ尾道での看板制作となりました。

 

いんのしまさくら祭

いんのしまさくら祭 2018年4月2日放送

 

桜と共にステージイベントなどを楽しむ「第9回いんのしまさくら祭」が4月1日、因島土生町のホテルいんのしま前の広場で開かれました。

 

この祭りは、地元の中高生らによる演奏や、地元食材を使った食べ物などを楽しみながら、因島の魅力を広く知ってもらおうと、毎年、「いんのしま さくら祭実行委員会」により開かれています。

 

会場では、実行委員会の岡野 淳平副実行委員長の開会宣言に続き、因島南中学校の生徒らによる水軍陣太鼓が披露され、訪れた人たちは手拍子をしながら演奏を楽しんでいました。

 

ステージイベントの合間には、村上 祐司実行委員長が、「今回は天候に恵まれたので、ぜひ桜を見ながらイベントを楽しんでほしい」と挨拶し、因島高校 吹奏楽部による演奏が行われました。

 

また、尾道の演劇団体「劇団ミラクルワーカーズ」によるミュージカル「海賊の唄 因島村上水軍物語」の一部が上演され、会場を盛り上げていました。

 

食べ物のブースでは、因島の新しい名物にしようと取り組んでいる「村上海賊焼き」や、タコやイカの天ぷら、名産品のはっさく大福などが販売され、訪れた多くの人たちで賑わっていました。

 

第9回いんのしまさくら祭の様子は5月14日から、コミュニティチャンネルでダイジェスト放送する予定です。おたのしみに。

第2回 君が主役杯

第2回 君が主役杯    2018年4月2日放送

 

御調町の御調ソフトボール球場で、3月31日と4月1日の2日間、台湾代表や実業団チームなどが参加する、「第2回 君が主役杯 ソフトボール親善大会」が開かれました。

 

大会は、元女子ソフトボール台湾代表の陳彦君さんが主体となり、ソフトボール競技の普及や、技能向上、国際親善などを目的に開いたもので、今回は、台湾代表チームの他、国内の大学・実業団など合計11の女子ソフトボールチームが参加しました。

 

開会式では、大会実行委員長の陳彦君さんが「ソフトボールを通して、国際親善や交流を深めてほしい」と挨拶、来賓の平谷祐宏尾道市長や高山博州県会議員が祝辞を述べました。

 

開会式後には、選手と関係者全員で記念撮影し、球場内の4つのコートに分かれて試合を行いました。

 

それぞれのコートでは、選手たちが精いっぱいのプレーを繰り広げ、互いに交流を深めながらさわやかな汗を流していました。

 

実行委員長の陳彦君さんは、女子ソフトボール台湾代表のほか、日本の実業団チームなどでも選手として活躍。現在も佐川急便中国ソフトボール部で監督を務めています。

 

大会は、試合の機会が少ない女子ソフトボール選手たちに、様々なチームと対戦できる機会を作ろうと昨年から開かれているもので、2回目の今回は初めて台湾代表チームを招き、交流の輪を広げています。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 >>
6ページ中6ページ目