HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

住吉花火まつり記者発表会

住吉花火まつり 記者発表会

 

おのみち住吉花火まつりに関する記者発表会が7月23日、土堂2丁目の尾道商工会議所で開かれ、豪雨災害によるスケジュールの変更などが発表されました。

 

会場では、まつりを主催する尾道住吉会の福井弘会長が挨拶で、今回のまつりの開催についてコメントしました。

 

住吉花火まつりでは毎年、終了時間に合わせて臨時の電車が運行されていますが、今年は、豪雨災害の影響により臨時便の数が大幅に減少することから、例年以上の混雑が予想されています。

 

それに伴い、今回の住吉花火まつりでは、観客が安全に帰れるよう、花火の打ち上げ時間が通常より30分短縮されます。

 

まつりでは、プログラムの一番初めに慰霊と復興の祈りを込めた特別な花火が打ち上げられ、中盤には尾道市制120周年を記念した花火も打ち上げられる予定です。

 

また、災害復興支援として、当日、会場ではゴミ分別ステーションで義援金の募金が行われる他、尾道住吉会オリジナルのうちわなどが販売され、売り上げの全額が日本赤十字社広島県支部に寄付されます。

 

おのみち住吉花火まつりの開催は、7月28日(土)で、花火は19:30から打ち上げ予定です。

メンテナンス情報

①テレビサービス、電話サービス一時停止のお知らせ
 

■サービス停止日時
平成30年7月25日(水) 午前1時~午前5時
 ※上記の時間内で30分程度のサービス停止が数回発生します。
 

■対象エリア
  全エリア
 

■対象サービス
BS放送、CS放送サービス(STB経由でBS、CS放送をご覧のお客さま)及び、ケーブルプラス電話(同軸)
*テレビ、レコーダー等で受信している地上デジタル、BS放送、光インターネット、ケーブルプラス電話(光)には影響ありません。
 

■メンテナンス内容
大雨の災害により、断線していた南ルートの国土交通省光ファイーバーの復旧により、現在、仮設である北ルートの光専用線(バックアップ用)からの切戻しの作業を行うため

 

 

 

 

②テレビサービスメンテナンスのお知らせ

 

■サービス停止日時
平成30年7月27日(金) 午前1時30分~午前4時30分
 ※上記の時間内で映像の乱れが数回発生します

 

■対象エリア
  全エリア
 

 

■対象サービス
BS放送サービス(STB経由でBS放送をご覧のお客さま)

 

 

■メンテナンス内容
放送設備の更新作業

会議所にエレベーター

会議所にエレベーター   2018年7月20日放送

 

土堂2丁目の尾道商工会議所に、新しくエレベーターが設置されました。

 

エレベーターは、会議所の建物を拡張する形で新設されたもので、2018年の1月から工事が行われていました。正面入り口横の階段に隣り合うように設置されていて、会議所の1階から屋上の4階までを結んでいます。

 

7月11日に開かれた竣工式で、尾道商工会議所の福井弘会頭は「心待ちにしていたエレベーターが完成した。会員やテナントの皆さんの利便性が高くなり、建物の利用促進につながることを期待している」と話しました。

 

エレベーターの高さは1階から屋上の4階までで14.6メートル。一度に乗ることができる人数は11人で、事業費はおよそ1億円です。

男女共同参画週間展

男女共同参画週間 キャッチフレーズ展 2018年7月19日放送

 

男女共同参画週間のキャッチフレーズを集めたパネル展が7月24日まで、防地町の尾道市人権文化センターで行われています。

 

このキャッチフレーズは、内閣府が6月23日からの男女共同参画週間に合わせて、毎年全国から募集しているもので、人権文化センターではこの時期に合わせて歴代の受賞作品を紹介しています。

 

18回目となる2018年度のテーマは、スポーツに関するもので、最優秀賞には、「走り出せ、性別のハードルを超えて、今」という作品が選ばれました。

 

パネル展の会期は7月24日(火)までで、場所は尾道市人権文化センターです。

市長会見 豪雨災害について

尾道市長定例記者会見 豪雨災害の状況説明 2018年7月18日放送

 

 

尾道市長定例記者会見が7月18日あり、豪雨災害の状況説明などが行なわれました。

 

平谷祐宏尾道市長は、今回の豪雨災害に関して、断水となった課題として、次のようにコメントしました。

 

尾道市水道局によると、市内の断水は、18日中に90%の世帯が解消見込みとなっています。

 

19日に木ノ庄町・原田町・因島椋浦町・因島鏡浦町、瀬戸田町の高根が復旧、20日に御調町全域が復旧見込みです。

 

18日9時現在の土砂崩れなどの件数は尾道市全体で2297件。尾道・向島地区が最も多く1393件、御調地区が418件、因島地区が355件、瀬戸田地区131件となっています。

 

家屋への被害は560件で、土砂崩れによる被害が266件、床上浸水102件、床下浸水が192件。避難者は市内8ヵ所に35人となっています。

 

平谷市長は、会見で災害時の情報伝達のあり方などについてもコメントしました。

 

会見の模様は、本日18日の21:00からと19日7:00と15:00から放送します。尚、災害に関する広島県知事の会見の様子も、本日18日22:00から収録放送します。ご覧下さい。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 >>
8ページ中3ページ目