HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

17日放送 豪雨災害関係

17日放送 豪雨災害関係 2018年7月17日放送

 

 

連日、猛暑の中、豪雨災害に関するボランティア活動が行なわれていますが、高校生たちのボランティアも活躍しています。

 

尾道高校ラグビー部の部員およそ30人は、13日(金)尾道市桜町の土砂崩れ現場などで、民家の敷地に入った土砂の搬出を手伝いました。日ごろ鍛えた体で、次々と土砂を運び出し、一生懸命撤去作業に取り組んでいました。

 

尾道市社会福祉協議会では、19日から23日までの何れかの日にちの災害復旧ボランティアを募集しています。

 

一日40人程度の定員で、活動場所は、旧尾道と向島地域、若しくは因島地域です。

 

8:30に集合し、15:00頃まで、社会福祉協議会が安全を確認した被災地での土砂撤去などを行ないます。

 

集合場所は、旧尾道・向島地域が門田町の尾道市総合福祉センター、因島地域が、因島田熊町の尾道市社会福祉協議会因島支所です。

 

参加するには事前申し込みが必要で、電話かFAXで、尾道市社会福祉協議会か、市社協の因島支所へ連絡して下さい。

 

又、尾道市社協では、給水所のボランティアと災害復旧作業にあたるボランティアの人たちの健康相談に携わる保健師や看護師のボランティアも募集しています。

 

ボランティアに関して、詳しくは、尾道市社会福祉協議会のHPで確認下さい。

 

尚、「ちゅピCOMおのみち」では、豪雨災害に関する様々な情報を文字にして、災害発生当日の6日から放送しています。

 

時間は、6:00・7:00・9:00・11:00・15:30・16:30・19:00・24:00などです。急な時間変更もありますがご了承下さい。

サービス復旧のお知らせ 7/15 22:50

サービスの不具合は7/15 22:50に復旧いたしました。

皆様には多大なるご迷惑をおかけいたしました。引き続きちゅピCOMおのみちのサービスをご利用いただきますようお願い申し上げます。

障害情報 7/15 18時

7/6障害発生しました広島~尾道間の通信線(仮復旧線)が再び断線しました。

STB経由のBSCS放送 インターネット 電話サービスが止まっています。

現在、復旧作業を実施中です。ご利用の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、復旧まで今しばらくお待ち頂きますよう、よろしくお願い致します。

電話サービス復旧のお知らせ(7/14 3:23)

大雨による災害により発生いたしました、電話サービスの不具合は7/14 3:23に復旧いたしました。

皆様には多大なるご迷惑をおかけいたしました。引き続きちゅピCOMおのみちのサービスをご利用いただきますようお願い申し上げます。

13日放送 豪雨災害関係

13日放送 豪雨災害関係 2018年7月13日放送

 

 

断水が続いておりますが、尾道市水道局によると7月13日(金)の21:00から、給水できるのは、古浜、新浜一丁目・二丁目、西御所、東御所、土堂一丁目・二丁目、十四日元町、久保一丁目・二丁目・三丁目、東久保、尾崎本町、山波、以上の地域の「一部」です。

 

続いて、被害状況についてです。尾道市が12日(木)20:00に発表した情報によりますと、土砂崩れなどの件数は尾道市全体で1924件。尾道・向島地区が最も多く1096件、御調地区が367件、因島地区が314件、瀬戸田地区147件となっています。

 

家屋への被害は492件で、土砂崩れによる被害が212件、床上浸水101件、床下浸水が179件です。

 

人的な被害は3人で、軽症1人、死亡1人、救助活動中が1人です。12日の20:00現在、市内の9箇所の避難所に49人が避難しています。

 

尾道市内の市道は、木ノ庄町の本郷畑(ほんごう・はた)線など7箇所で通行止めが発生しています。 

 

市内の国道・県道は、西藤町の福山尾道線や、美ノ郷町の尾道新市線など18ヵ所で、通行止めや、片側通行となっています。

 

続いて支援に関する情報です。尾道商工会議所は、今回の豪雨災害で被害に遭った中小企業、小規模事業者を対象に「特別相談窓口」を設けました。

 

直接被害だけでなく、物流の停滞や断水に伴う経営への影響についても相談できます。詳しくは、尾道商工会議所 0848-22-2165までお問い合わせ下さい。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 >>
8ページ中4ページ目