HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

消防救助技術指導会

中国地区消防救助技術指導会 予選会 2018年7月3日放送

 

第47回 中国地区消防救助技術指導会の局内予選会が6月27日、東尾道の尾道市消防局でありました。

 

技術指導会は、隊員たちが救助に関する技術を競い、互いに学び合う場として全国消防協会により毎年開かれています。

 

今年の局内予選には、尾道消防署や因島消防署から合わせて11人の隊員が参加し、2つの種目で競技を行いました。

 

はしごを登るスピードと、登はん前の安全確認などが評価対象となる「はしご登はん」では、隊員たちが地上15メートルの高さのはしごを一気に駆け上がっていました。

 

煙が充満している状況を想定した「ほふく救出」では、隊員たちが通路に入る前に空気呼吸器を装着し、安全確認をしながら倒れている要救助者を素早く運び出していました。

 

「はしご登はん」で1位になった尾道消防署 御調分署の永戸 貴大消防士は「競技を通して隊の連携を深め、より迅速な消火活動に繋げていきたい」と話していました。

 

各種目の上位入賞者は、7月18日に岡山県で開催予定の中国地区救助技術指導会に出場します。

大林監督 ロケ開始 安全祈願

大林宣彦監督 尾道ロケ開始 安全祈願 2018年7月3日放送

 

 

尾道出身の映画作家で、がん闘病中の大林宣彦監督の新作映画の撮影が、尾道と福山で始まり、7月1日(日)ロケの安全を願う「祈願」が長江1丁目の艮神社で行なわれました。

 

監督を含めた撮影スタッフおよそ50人が参列し、艮神社の永井利果宮司がお祓いして、撮影の無事を祈りました。

 

監督が約20年ぶりに尾道で撮影を行なう最新作のタイトルは「海辺の映画館‐キネマの玉手箱‐」で、広島の原爆をテーマにした映画です。

 

広島で巡業中に被爆した実在の劇団「桜隊」のメンバーと、現代の映画館から、戦時中にタイムスリップした若者が出会い、8月6日に向かう中での苦悩やドラマが描かれる予定です。

 

現在80歳の監督は、一時余命宣告をされていましたが、治療により回復に向かっていて、暑さの中、自分の足で境内を歩き、挨拶や出演者の紹介などを行いました。

 

映画のロケは、8月半ばまで尾道市と福山市で行なわれ、来年の春以降に公開される予定です。

祇園祭三体廻し

祇園祭三体廻し 2018年7月2日放送

 

 

久保 八坂神社の例祭「祇園祭三体廻し」が6月30日夜、市中心部であり、3体の神輿が勇壮な競り合いを繰り広げました。

 

三体の神輿が安置されている久保 八坂神社では、総代会や神輿の担ぎ手達が見守る中祭りの成功と担ぎ手の無事を祈り神事がとりおこなわれました。社から神輿が引き出されると、太鼓の音と「よいやさーの、よいやさ」の威勢の良い掛け声とともに神社を出発。町内を巡り三体廻しが行われる尾道渡船渡し場前の会場に集結しました。

 

多くの観客がつめかけた会場では、尾道ベッチャー太鼓のメンバーによる演奏が披露され祭のオープニングを盛り上げました。

 

尾道三体みこし保存会の城間和行 会長のあいさつ、神輿の披露に続き三体揃い踏みが行われ、高さおよそ5メートルの幟を2周し、その時間を競うタイムトライアルが繰り広げられました。

 

結果、三つ巴の一宮神社が13秒35で2年連続、一番に幟につける権利を獲得、三つ巴に続き二つ巴・一つ巴の順に幟につけた三体の神輿が回りだすと、会場から大きな声援が送られました。

 

来場者は力強さと情緒溢れる尾道ならではの祭りを満喫していました。

三体廻しの模様は、8月6日から再放送します。お楽しみに。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 >>
8ページ中8ページ目