HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

平山郁夫美術館・広大協定

平山郁夫美術館・広島大学 連携協定 2018年11月6日放送

 

瀬戸田町の平山郁夫美術館と東広島市の広島大学は11月5日、国際文化交流や人材育成に関する包括的な連携協定を結びました。

 

締結式では、平山郁夫美術館の理事長を務める平谷 祐宏尾道市長と、広島大学の越智 光夫学長がお互いの協定書に署名を交わしました。

 

今回の協定は、美術館と大学のこれまでの協力関係をより発展させようと結ばれたもので、作品展示に大学の研究を反映させ、学生たちの異文化交流などにつなげます。

 

瀬戸田町で生まれた平山郁夫は、画家としてシルクロードや中国の都市「敦煌」などの作品を残しながら、ユネスコ親善大使として世界の文化財保護活動に尽力してきました。

 

広島大学にはシルクロードなどを研究する「敦煌学プロジェクト研究センター」があり、これまでに美術館と協力しながらセミナーやフォーラムを開いてきました。

 

今後、展覧会に合わせて、広島大学や尾道市立大学の学生、留学生たちの交流会を開き、異文化の相互理解に関する講座などを開催する他、美術館で仏教遺跡「莫高窟」の仮想現実映像を流すことも計画しています。

 

平谷市長は「学生には、美術館で平山先生の異文化理解の精神を感じてほしい」と述べ、越智学長は「平和の実現を目指し、美術館を文化交流の拠点としたい」と話していました。

いんのしま観光写真

第32回いんんそいま観光写真コンテスト 2018年11月5日放送

 

 

第32回いんのしま観光写真コンテストの表彰式が10月29日、因島土生町の尾道市営中央駐車場多目的ホールでありました。

 

コンテストは、村上海賊や因島らしさの発見をテーマに行なわれ、一般部門とインスタグラム部門の2つに合わせて204点の応募がありました。

 

審査の結果、一般部門大賞には、尾道市栗原町の高橋さんの作品「西日に照らされて」が選ばれ、主催した因島観光協会の村上祐司会長から、賞状と賞金10万円が手渡されました。

 

作品は、因島の白滝山山頂からの風景で、夕日に照らされた石像や、島々が印象的な写真となっています。

 

金賞は因島土生町の津島さんの作品「島の送り盆」が選ばれ、銀賞2点、銅賞3点、佳作10点の入賞者とともに賞金が送られました。

 

インスタグラム部門は、最高賞のインスタ映え因島賞に、因島の土生商店街をレトロな雰囲気で紹介した作品が選ばれました。

 

銅賞までの作品はコミュニティチャンネルで紹介予定です。お楽しみに。

尾道ベッチャー祭り

尾道ベッチャー祭り   2018年11月5日放送

 

子ども達の鳴き声が街に響く尾道の奇祭「尾道ベッチャー祭り」が11月1日から3日にかけて市内中心部で行われました。

 

ベッチャー祭りは、東土堂町の吉備津彦神社の例祭で、江戸時代後期から200年以上続く伝統行事です。

 

3日の文化の日には、神輿が街に繰り出し、先導する「ベタ・ソバ・ショーキー」の三体の鬼神と獅子が、手に持ったササラ竹や祝い棒などで人々を叩きました。

 

叩かれると無病息災、頭が良くなると言われていて、大人たちは嫌がる子どもを鬼神に差し出し、神輿の行く先々で、子どもたちの泣き声が響き渡っていました。

 

東御所町のしまなみ交流館前では、特に多くの見物客が集まり、三鬼神が太鼓を打ち鳴らすなどして会場を沸かせていました。

 

神輿の担ぎ手達は威勢の良い声を上げながら街を練り歩き、途中の家々で大きな掛け声を上げると見物客から大きな拍手が送られていました。

 

最後に、神社の階段でベタ・ソバ・ショーキーがもう一度太鼓の演奏を披露し、境内では担ぎ手たちが神輿を勢いよく振り回す宙回しを行いました。

 

ベッチャー祭りは、1807年・文化四年に尾道で疫病が流行したことから、当時の町奉行が吉備津彦神社などに病魔退散の祈願を依頼したのが始まりとされている行事で、尾道市の無形民俗文化財に指定されています。

博物館学芸員 市長訪問

K・ブリクセン博物館学芸員 市長訪問 2018年11月2日放送

 

 

尾道ゆかりの作家・林芙美子と同じ時代に活躍した、デンマークの女性作家、カーアン・ブリクセンの博物館の学芸員が11月1日、平谷祐宏尾道市長を表敬訪問しました。

 

市役所を訪れたのは、デンマークのラングステッドにあるカーアン・ブリクセン博物館の学芸員、アンネマリ・B・クローゼンさんで、文化交流を目的に、11月3日(土)、尾道本通り商店街の「おのみち林芙美子記念館」で行う講演にあわせ来日しました。

 

平谷市長とクローゼンさんは、デンマークの建築物や街並みを紹介した冊子を見ながら、お互いの町の共通点でもある港町の風景やサイクリストが多いことなどを話題に盛り上がっていました。

 

林芙美子の作品も読んだというクローゼンさんは、芙美子について「政治や自身の恋愛について隠すことなく表現していて、とても強い女性だと感じた」と話していました。

 

講演会では、「カーアン・ブリクセン 人生とフィクション」というタイトルで、ブリクセンが作家になるまでの波乱万丈の人生や、森林と野鳥保護活動に取り組んだことなどについて話します。

 

平谷市長は、「町の様子などを知りデンマークを近くに感じた。人と人を結ぶ交流をたくさんの人に楽しんで欲しい」と話していました。

 

国際交流・文化講演会「林芙美子とカーアン・ブリクセン」は、11月3日(土)尾道本通り商店街の「おのみち林芙美子記念館」で14時から15時まで開かれます。

三成小 百人一首大会

三成小 百人一首大会    2018年11月2日放送

 

三成小学校で11月1日、大札の百人一首を使った散らし取り大会が開かれました。

 

三成小学校では、日頃から百人一首を学習に取り入れていて、3年前から11月1日の「古典の日」に合わせて、床に広げた札を取り合う散らし取り大会が行われています。

 

大会では、広島県かるた協会の田頭満智さんが読み手を務め、低・中・高学年ごとにグループで対戦し、とり札の数を競いました。

 

床に広げられた札は、縦横がおよそ40センチかける30センチの大きさで、参加した児童たちは、百人一首の上の句を読み上げる田頭さんの声に耳を澄ませ、札に書かれた下の句に目を凝らしていました。

 

子ども達はグループで札の位置を教え合い、無事に札が取れると歓声を上げて仲間で喜び合っていました。

 

三成小学校の百人一首を使った取り組みは、日本の古典を通して言葉を学ぶと共に、テレビやゲームではない人が読み上げる言葉に触れる機会を増やそうと行われています。

 

大会に参加した4年生の高橋滉雅君は「いつもと違う大きな札で、仲間と協力して取れて楽しかった」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 >>
8ページ中7ページ目