HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

尾道スイーツコンテスト

2018尾道スイーツコンテストplus 2019年2月28日放送

 

 

食品の製造や販売を行っている企業や菓子店による尾道の食材を使った「おやつ」をテーマにした「スイーツコンテスト」の審査会が2月24日、向島町の「市民センターむかいしま」でありました。

 

尾道市などで組織する「尾道スローフードまちづくり推進協議会」の主催で行なわれたもので、7回目の今回は、健康や食育を意識した、子どもに食べさせたいと思う「おやつ」をテーマに開かれました。

 

審査会では、尾道市民たち一般の人の審査と、パティシエらプロの審査の2つが行われ、グランプリ1点、準グランプリ2点などを決めました。

 

市内の菓子店などを中心に12点の応募があり、一般審査では、子ども5人を含む20人が、プロは7人が審査しました。

 

完成した「おやつ」を前に、製作者がPR。その後に審査員の試食が行われ、審査基準の「おいしさ」「尾道らしさ」「尾道食材の活用度」「ヘルシー」など5項目を元に採点が行なわれました。

 

結果、グランプリは、株式会社「カタオカ」のじゃこチョコが選ばれました。魚を嫌いな子どもも美味しく食べられるスイーツをコンセプトに、カタオカが取り扱っている「ちりめん」と、チョコレートを混ぜ合わせ、尾道産のレモンピールなどを加えた「おやつ」です。

 

魚の臭みを消す為に揚げたちりめんの「サクサク」感と、甘酸っぱいピールの組み合わせが評価されました。

 

一般審査で最多得票となったヤマソラ パーチ カフェのサンドウィッチ「米粉のピアディーナ」はちゅピCOMおのみち賞に選ばれました。

 

ノルディックウォーク教室

ノルディック・ウォーキング教室 2019年2月27日放送

 

2本の杖を使って歩くノルディック・ウォーキングの教室が、毎月第3金曜日に、栗原町のびんご運動公園で開かれています。

 

この教室は、市内で様々なスポーツ教室を開いている尾道総合型びんごスポーツクラブが主宰していて、全日本ノルディック・ウォーク連盟 公認指導員の高橋 尚治さんが講師を務めています。

 

2月22日の教室には市内から7人が参加し、高橋さんがポールの握り方や歩き方などを解説した後、参加者たちと公園内を歩きました。

 

ノルディック・ウォーキングは、2本のポールを使って歩くことで、背筋が伸びた正しい姿勢を保ちながら、無理なく全身運動ができます。

 

ポールを使うことで足や膝、腰への負担を軽減する効果もあり、参加者たちは会話を交えながら楽しそうにウォーキングに取り組んでいました。

 

参加した女性は「ノルディック・ウォーキングを始めたことで肩こりが少なくなり、足腰を動かすのも楽になった」と話していました。

 

講師の高橋さんは「誰でも楽しみながら心身ともにリフレッシュできるので、気軽に参加してほしい」と話していました。

 

教室ではこの他にも、健康体操やヨガ、ジョギングの他、幼・小・中学生が対象のサンフレッチェびんごサッカースクールなども開催しています。

 

入会に関してなど詳しくは電話090-8797-1270 尾道総合型びんごスポーツクラブ 池本さんまでお問い合わせください。

高須会 地元の学校へ寄附

高須会 学校備品購入費 寄附 2019年2月27日放送

 

高須町の有志や企業経営者たちで作る団体 高須会が2月19日、高須小学校と高西中学校の備品購入費として、合わせて10万円を尾道市へ寄附しました。

 

市長室には、高須会の半田 光行会長をはじめ6人が訪れ、半田会長から平谷祐宏尾道市長へ目録が手渡されました。

 

高須会の寄附は、地元の高須小学校と高西中学校で使う備品の充実を図る為、1980年頃から続けられていて、寄附金の累計は、学校へ直接寄附したものを除き、今回で総額190万円になりました。

 

高須会の半田会長は「児童・生徒たちが寄附金で購入した備品を使っているのを見て励みになっています」と話し、平谷市長は「高須の子ども達のために、長い間支援を頂き大変感謝しています」と述べていました。

絵のまち尾道四季展

絵のまち尾道四季展 2019年2月26日放送

 

尾道をテーマに描く全国公募展「第18回絵のまち尾道四季展」の作品展示が2月23日から、西土堂町の尾道市立美術館などで始まり、初日に入賞者の表彰式が行なわれました。

 

式では、運営委員会会長の平谷 祐宏尾道市長が「皆さんの描いた新鮮で魅力的な絵により、尾道の芸術文化が活性化していくことに期待しています」と挨拶しました。

 

グランプリの尾道賞には、静岡県の田畑 武雄さんの油彩画「太公望」が選ばれ、平谷市長から表彰状や賞金などが手渡されました。

 

田畑さんの作品は、向島の釣り人を描いたもので、絵の構成や色彩豊かなグラデーションなどが評価されました。

 

田畑さんは「前から尾道には訪れていて、今回は肩の力を抜いて描きました。今まで応募してきて初のグランプリでありがたいです」と話していました。

 

準グランプリにあたる小林和作賞には、三次市の福井 誠さんのアクリル画「尾道の画家」が選ばれました。

 

尾道市からは、神原 菜穂子さんが尾道美術協会奨励賞を受賞した他、2人が秀作に選ばれ、24人が入選しました。

 

「絵のまち尾道四季展」は2年に1度開かれていて、今回は、全国33都道府県427人から519点が寄せられ、その中から23点が入賞、40点が秀作に選ばれ、188点が入選しました。

 

作品展示は3月10日まで開かれていて、入賞作品と秀作は尾道市立美術館で、入選作品は本通り商店街などで展示されています。

尾商 定期演奏会

尾道商業高校 定期演奏会 2019年2月26日放送

 

尾道商業高等学校吹奏楽部の定期演奏会が昨年12月に、東御所町のしまなみ交流館で開かれました。

 

3部構成で行われた演奏会では、吹奏楽部のメンバー13人が力強い音色を響かせ、高西中学校吹奏楽部との合同演奏も行われました。

 

ラストの第3部では、生徒たちがお揃いのユニフォームに着替えて登場し、幅広い年代に楽しんでもらえるよう選曲した尾商ヒットパレードなどを披露しました。

 

尾道商業高校での最後の演奏会となった3年生たちは挨拶で、「同級生や後輩、先生たちと築いてきた3年間は宝物です」と学校生活を振り返っていました。

 

演奏会の模様は3月4日からご覧のチャンネルで放送予定です。お楽しみに。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 >>
6ページ中1ページ目