HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

生涯学習発表会

尾道市公民館生涯学習発表会 2019年2月1日放送

 

 

市内の公民館で行われている演芸や美術制作の成果などを発表する「第28回尾道市公民館生涯学習発表会」が12月に向島町の「市民センターむかいしま」で開かれました。

 

発表会は毎年開かれているもので、今年は両日で50を越えるチームが参加し、450人以上の出演がありました。

 

舞踊・民謡・フラダンス・三味線・大正琴・吟詠・甚句などの発表があり、訪れた人は演目が終わる度に大きな拍手を送っていました。

 

2日目は、子ども達の演目も多くあり、御調町の上川辺公民館のキッズ舞踊、日比崎公民館の「クラシックバレエ」などは、可愛い子ども達に大きな拍手が送られていました。

 

又、お手玉遊びや傘踊りなど、珍しい演目もあり、訪れた人達は、2日間で10時間あまりの発表を楽しみました。

 

生涯学習発表会の様子は、2月11日から2週にわたり放送予定です。お楽しみに!

第三の居場所 2カ所目

子どもの第三の居場所 2カ所目開設 2019年2月1日放送

 

生活困窮家庭などを対象に、放課後から夜まで児童を預かり、学習や食事を支援する施設「子どもの第三の居場所」が2月1日、市内に開設され、尾道市では2カ所目となりました。

 

施設は、尾道市の土地を活用して建てられたもので、尾道市と日本財団が共同で開設し、尾道市社会福祉協議会が運営を担います。

 

内覧会では、日本財団の尾形 武寿理事長が「児童が施設を自由に出入りし、地域住民とも交流していくことで、子どもの精神や学力の成長につなげたい」と挨拶し、平谷 祐宏尾道市長が「生まれ育った環境に左右されず、誰もが夢や希望を持てる社会につなげたい」と述べました。

 

施設の面積はおよそ150平方メートルで、児童の定員は20人程度。学習や読書の部屋、キッチン、浴室などを設けています。

 

スタッフとして、常勤と非常勤の児童指導員たち合計6人が対応。最長で夜の9時頃まで、児童への学習支援や食事提供などを行います。

 

開設費はおよそ6千万円、運営費は年間約2000万円で、開設費と3年間の運営費は日本財団が負担し、4年目からは尾道市が負担します。

 

日本財団は、全国100カ所を目標に施設を整備していて、尾道市では2017年に西日本で初めての「子どもの第三の居場所」が開設しています。

 

今回の施設は全国で13カ所目となりました。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 >>
6ページ中6ページ目