HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

尾道市 ヤマトと協定

尾道市 ヤマトと協定     2019年3月1日放送

 

尾道市は、2月28日、「ヤマト運輸株式会社三次主管支店との包括的な連携に関する協定」を締結しました。

 

尾道市ではこれまで、ヤマト運輸と連携し、「手荷物の一時預かり」や尾道本通り商店街での「一括免税サービス」、「日本遺産ビジターセンター」における情報発信など、地域活性化の取り組みを進めています。

 

今回の協定は、尾道市とヤマト運輸の組織的な連携を強化することで、市の課題への対応や、市民サービスの向上、更なる地域活性化を図ろうと行われたもので、市内に点在するヤマト運輸の拠点を活かし、様々な取り組みを行う予定です。

 

協力する内容としては、観光・商業の振興、暮らしの安全安心、環境保全、子育て・高齢者支援など7項目があり、一例として、しまなみ・やまなみ海道周辺での手ぶら観光の支援、多言語によるインバウンド客への買い物支援、防災訓練への協力、災害時の緊急支援サポートなどが上げられています。今後 具体的な取り組みについて尾道市との間で協議が進められます。

イオン尾道店 一時閉店

イオン尾道店 一時閉店 2019年3月1日放送

 

建て替え工事に伴い、2月いっぱいで一時閉店となる天満町のイオン尾道店で、最終営業日の28日に記念のセレモニーが開かれました。

 

会場では、尾道商業高校吹奏楽部による演奏会が行われ、訪れた買い物客たちが足を止めて聞き入っていました。

 

演奏後、イオン尾道店の広崎 理久店長が「不便をお掛けしますが、必ず戻ってきますので、新しく生まれ変わる店舗をお待ちください」と挨拶しました。

 

この日は売り尽くしセールに、多くの買い物客が詰め掛け、従業員たちが、店を出る買い物客たちに花を手渡しながら見送りました。

 

イオン尾道店は、1979年に「ニチイ尾道店」として開店して以来、およそ40年にわたり地域の大型ショッピングセンターとして親しまれてきました。

 

現在の建物は鉄筋3階建て、売り場面積はおよそ1万平方メートルで、今後、建物を解体して建て替える予定ですが、スケジュールや店舗の規模などは未定です。

SANBA FC 表敬訪問

尾道東SANBA FC 表敬訪問 2019年3月1日放送

 

11歳以下の選手による「第15回ちゅーピーカップ中国新聞8人制サッカー広島県大会」で優勝した、「尾道東SANBA FC」の選手たちが2月22日、平谷 祐宏尾道市長に結果を報告しました。

 

チームのメンバー19人が市役所を訪れ、キャプテンで三原市立南小学校5年の田坂 彩人君は「気持ちを強く持ち、優勝したいです」と話し、平谷市長は「しっかりご飯を食べてスタミナをつけて、次の大会でも頑張って欲しい」と激励しました。

 

「ちゅーピーカップ」は、2月3日に広島市で行われ、県内6支部の予選を勝ち上がった8チームが対戦しました。

 

「尾道東SANBA FC」は、1回戦で「レヴァリーズ広島」を10対0、準決勝では「FC速谷」を8対0で下し、圧倒的な得点力で勝ち進みました。

 

決勝では、対戦相手の「サンフレッチェ広島ジュニア」に先制されましたが、逆転し、最優秀選手に輝いた高須小5年の土井川選手がヘディングで3点目を上げ、これが決勝点となりました。

 

土井川選手は「ピッチの外に出るまで諦めずにボールを追うチームです」と特徴を話していました。

 

「ちゅーピーカップ」の上位4チームは、4月6日・7日の両日に広島県で行われる「中国ユースU-12ジョイフル大会」に出場します。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 >>
8ページ中8ページ目