HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

市議会一般質問

尾道市議会 一般質問 2019年6月19日放送

 

 

尾道市議会定例会が6月19日に開かれ、7人の議員が一般質問を行い午前中は、新和会の4人の議員が登壇しました。

 

村上隆一議員は、電線を道路に埋めるなどして電柱を無くす無電柱化について、観光や防災の面から見た尾道市の取り組みなどを質しました。

 

平谷祐宏尾道市長は「無電柱化は、景観や防災・安全などの面で有益、特に景観を中心とした観点から、旧市街地で路線を絞って検討している。今後国の動向を見ながら、電気通信事業者との整備手法など協議を進める」と話しました。

 

尾道市の役職ごとの女性の割合についてなど質問した岡田広美議員に対して平谷市長は「2019年4月1日現在、消防局や公営企業を除く割合は管理職が18.7%、課長補佐級が30.8%、係長級が40.6%、主任が53.0%で、臨時・嘱託職員の女性の割合は80.1%」と答え、「来年度までに管理職の女性の割合を20%以上とする目標を掲げている」と話しました。

 

午後からは、平成会の議員3人が質問に立ちました。

 

吉和宏議員は、2018年の豪雨災害や、キャンプなどが楽しめる御調町の施設「みつぎグリーンランド」の復旧についてなど訪ねました。

 

7月豪雨の尾道市の初動に関する検証について平谷市長は「部局長による検証委員会を設けて検証している。6月末に検証が完了する予定で、その後公表する」と答えました。

 

みつぎグリーンランドについては「園内の河川の土砂撤去に着手する予定」と述べ、今後については「地域の皆さんの意見を聞きながら」とした上で「復旧に相当な経費がかかることから費用対効果を考慮して検討したい」と話しました。

 

柿本和彦議員は、2020年度からはじまるプログラミング教育についてなど質しました。

 

佐藤昌弘教育長は、「今年度は、教員に対して理論研修を行うとともに、二学期には各小学校へ教育用のタブレット端末の導入を予定している」と答えました。さらに「導入後はプログラミングソフトを活用した実践的な研修を行う」と述べました。

 

又、プログラミング教育の学校支援ボランティアの活用について「学校や地域・大学と連携したい」と述べました。議会の様子は、本日、19日の21:00から再放送します。

 

20日も引き続き尾道市議会定例会の一般質問が行なわれます。「ちゅピCOMおのみち」では、10:00からと13:00から生放送予定です。

 

この他、19日の議会では任期満了に伴う教育委員会の委員や監査委員などの人選に関する議案、尾道市庁舎整備調査特別委員会に9人の議員を選任する議案などが上げられ、いずれも全会一致で可決されました。

東高台湾生徒 市長訪問

東高台湾生徒 市長訪問 2019年6月18日放送

 

尾道東高校へ短期留学していた台湾の生徒が6月14日、平谷祐宏尾道市長を表敬訪問しました。

 

市役所を訪れたのは、6月5日から17日まで、尾道東高校で日本文化などを学んでいた5人の生徒で、市長室では、勉強中の日本語を使いながら平谷市長に挨拶しました。

 

留学生たちは、同行した東高生徒の通訳を介して、尾道市が台湾とサイクリングを通じて交流している話題などで盛り上がっていました。

 

尾道東高校では、毎年、台湾からの留学生を受け入れていて、今年は期間中、文化祭での交流や市内の散策などが行われました。

 

台湾の生徒たちは「日本の生徒が積極的に意見を出していて勉強になった」「文化祭の準備で協力し合えたのが嬉しかった」などと話していました。

稲門会 会合

稲門会 会合 2019年6月18日放送

 

早稲田大学の卒業生で作る団体「稲門会」の広島県支部の会合が6月8日、新浜1丁目の尾道国際ホテルで開かれました。

 

稲門会は、国内外に1300以上の支部があり、広島県支部は尾道を含む県内7地区の会で作られています。

 

会合は、各地区の持ち回りで毎年行われていて、今回は、尾道稲門会の会員21人を含むおよそ100人が参加しました。

 

この日は、東久保町にある浄土寺の参拝や支部の総会、早稲田大学の関係者たちによる講演などが行われました。

 

講演では、早稲田大学 社会科学総合芸術院の山田満教授が、自身が経験してきたアジアでの選挙監視活動について解説しました。

 

懇親会では、尾道稲門会の木曽宗昭会長が挨拶した後、早稲田大学校友会広島県支部の原田弘人副支部長の発声で乾杯し、会員たちは他の地区のメンバーとの交流を深めていました。

 

途中、アトラクションとして、尾道で活動しているピアノ奏者の小島朋子さんと、ヴァイオリン奏者の宮崎真理子さんによる演奏があり、会場を盛り上げました。

 

最後に、会員たちが輪になって早稲田大学の校歌を斉唱し、会合を締めくくりました。

 

尾道稲門会の木曽会長は「他の地区の会員たちに尾道のことを少しでも知ってもらい、今後の活動に活かしてもらえれば嬉しい。会合を通して今までのつながりや新しい出会いを大切にしていきたい」と話していました。

6月議会 開会

尾道市議会6月定例会 開会 2019年6月17日放送

 

 

尾道市議会は6月17日、定例会を開会し報告8件と、3億1千万円を増額し、652億6千万円とする2019年度一般会計補正予算案など27議案を上程しました。

 

4月の選挙後の初めての定例議会ということもあり、議案の説明に先立って、平谷祐宏尾道市長が所信表明し、「災害からの早期復旧や生活基盤の強靭化」など、4つのテーマで町づくりの決意を語りました。

 

補正予算案の主なものは、高須町や御調町などの幼稚園、保育所、小学校の教育の連携を推進する事業に260万円、小学校4校の体育館の照明等を耐震補強する事業に9500万円などとしています。

 

また、尾道港開港850年の関連事業に500万円を増額し、航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」を呼び、会場の整備や警備などを強化します。

 

歳入では、尾道市の貯金である財政調整基金を1億3千万円取り崩します。

 

その他の議案の主なものは、道路の災害復旧工事に係る工事契約や、尾道市立市民病院で重度障害者の短期入所の事業を始める条例改正、尾道ふれあいの里にある老朽化したキャンプ場を廃止する条例改正などが上げられています。

 

その他、消防団のポンプ車や高規格救急車を購入する議案なども上がっています。

 

定例会の会期は7月2日までの16日間で、議会は6月19日から21日にかけては、一般質問が行われます。

 

「ちゅピCOMおのみち」では3日間とも生放送・再放送を予定しています。本日の議会の模様は21:00から再放送します。市長の所信表明などを是非ご覧ください。

広島・宮城 両知事会議

広島県 宮城県 両知事会議 2019年6月17日放送

 

広島県の湯﨑英彦知事と宮城県の村井嘉浩知事が6月13日、尾道市を訪れ、西日本豪雨災害の被災地を視察し、今後の政策や課題について意見を交わしました。

 

これは、防災や減災の対策、復興に向けた取り組みなどについて意見交換をする場として、両県の持ち回りで2015年度から行われていて、今回で4回目です。

 

両知事は、この日、水陸両用機シープレーンで浦崎町から飛び立ち、被害が大きかった市町の復旧状況を上空から視察した後、西土堂町の尾道市立美術館で、両県の災害からの復興の取り組みについて意見を交わしました。

 

広島県と宮城県は、今後も情報を共有しながら復興に向けた取り組みを進める予定です。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 >>
6ページ中3ページ目