HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

文化財防ぎょ訓練

西國寺 文化財防ぎょ訓練 2020年1月23日放送

 

1月26日の「文化財防火デー」を前に21日、西久保町の西國寺で「文化財防ぎょ訓練」が行われました。

 

この訓練は、市内の文化財を保管している寺院などで毎年実施されているもので、今回は尾道市消防局の隊員や消防団員、寺の関係者たち合わせて55人が参加しました。

 

国重要文化財の金堂に設置している蝋燭が地震により倒れて出火したことを想定して訓練が行われ、煙を発見した麻生裕雄副住職が、金堂から文化財を外に持ち出した後、消火栓で初期消火を行い、寺の関係者が自動放水銃4機を稼働させました。

 

駆け付けた消防隊は、負傷者に見立てた人形を救出し、金堂に向けてポンプ車で放水しました。

 

西國寺の自動放水銃は昨年、国の補助を受けて設置されたもので、煙や火を感知すると警報が鳴るシステムや防犯カメラも備えています。

 

麻生章雄住職は、「文化財を後世に残すため、今後も火の取り扱いには十分気を付けていきたい」と話していました。

中国電力 消防と研修会

中国電力 消防と研修会     2020年1月22日放送

 

中国電力と尾道市消防局合同の研修会が1月17日東尾道の消防防災センターであり、消防隊員らが電気設備などを消火する際の注意点などを学びました。

 

研修会は、電気に関連する設備での円滑な消火活動と、互いの連携を強化することを目的に開かれ、中国電力と尾道市消防局から合わせておよそ90人が参加しました。

 

会場では、尾道市消防局の岡本光功次長が「近年は電化住宅やハイブリッド車の普及など、火災に電気が関連する可能性が増えている。この機会に電気に関する知識を深め、防災・減災につなげたい」とあいさつ。中国電力配電保修課の松岡資樹さんが講師を務め、電気に関する基礎知識や消火時の注意点を説明しました。

 

松岡さんは消火の際に、隊員たちが水に濡れていることを想定して「人の体は、水に濡れた状態だと、より感電しやすい」と話し「特に電線付近などでは、放水している水自体から感電する可能性もある」と注意を呼びかけていました。

 

中国電力と消防局の研修は2016年以来の開催で、中国電力の担当者は「今後も継続的に研修の機会を設け、顔の見える関係をつくっていきたい」と話していました。

おのバス緊急S搭載車導入

おのみちバス 緊急自動停止システム搭載車 導入 2020年1月21日放送

 

 

おのみちバス株式会社は1月、運転手の急病など、緊急時に自動で走行を止めるシステムを搭載した車両を1台導入しました。

 

導入したのは、ドライバー異常時対応システム、通称「EDSS」のついた日野自動車製55人乗りの中型バスで、運転席と、客席の前方に緊急停止ボタンを備えています。

 

ドライバー自身が、心身の異常に気づいたときには運転席のボタンを、運転手が意識を失うなどして、自らボタンを押すことが出来なかったときなどは、気づいた乗客がボタンを押すようになっています。

 

非常ボタンを押すと、自動でブレーキがかかり、時速60kmで走行している場合は、およそ60mで止まる事が可能で、停車したときにはエンジンもストップします。

 

又、ボタンを押すと同時に、ハザードランプが自動で点滅し、車内と社外に音声で非常時である事を知らせ、電光掲示板にも同様の告知文字が流れる仕組みになっています。

 

広島県東部では、初の導入という事で、おのみちバスでは、早ければ1月22日からの運行を予定しています。

ライターズインレジデンス

ライターズ・イン・レジデンス 2020年1月21日放送

 

尾道に滞在して創作活動などを行うイベント「ライターズ・イン・レジデンス」が2月5日まで、東土堂町のゲストハウス「みはらし亭」で行われています。

 

これは、尾道の町の雰囲気を感じながら作品制作を楽しんでもらおうと、「みはらし亭」を運営するNPO法人「尾道空き家再生プロジェクト」が企画したもので、今年で3回目です。

 

「みはらし亭」は、山手に建っていた空き家を改修した木造2階建ての宿で、客室の窓からは尾道水道や町並みが一望できます。

 

イベントでは、プロやアマチュア、活動のジャンルを問わず参加を受け付け、全国から12人が参加。1月15日から2月7日までの開催期間の中で、それぞれ自由に創作活動に取り組みます。

 

千葉県から訪れた鹿紙路さんは、以前から尾道に興味を持ったということで、滞在中はSFファンタジー小説を書いています。

 

神奈川県から参加したノンフィクションライターの檀原照和さんと、映画監督の加納土さんは、自身の出版物に関する執筆をしています。

 

「ライターズ・イン・レジデンス」では、期間中の毎週土曜日に、地元住民を交えた交流会も開かれています。

因島公衛協 清掃活動

因島公衛協 清掃活動 2020年1月20日放送

 

因島地域公衆衛生推進協議会は1月17日、海洋プラスチック汚染対策のクリーンキャンペーンとして、因島大浜町にある因島アメニティ公園の砂浜で清掃活動を行いました。

 

世界的な環境問題の一つとして注目されている、マイクロプラスチックによる海の汚染を防ごうと今回初めて行われたもので、協議会を構成する12地区の衛生組合から39人が参加しました。

 

組合員たちは、砕けた発泡スチロールなどのプラスチックごみを袋に拾い集めた他、流木なども回収し、およそ1時間半で軽トラック4台分のごみを集めました。

 

因島地域公衆衛生推進協議会では、およそ20年前から水質汚染の改善に取り組んでいて、海の近くの川に、生態系を豊かにするとされるEM発酵液を流す活動なども行っています。

 

協議会の下町之宥連合会長は「今後も清掃活動を続けながら、子どもたちにも環境問題について学んでもらえるよう取り組んでいきたい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 >>
7ページ中3ページ目