HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

第16回ユネスコ絵画展

第16回尾道ユネスコ協会絵画展 2020年1月15日放送

 

 

子ども達が尾道の文化財や風景を描く絵画コンテスト「尾道ユネスコ協会絵画展」の表彰式が1月11日(土)、東久保町の市立中央図書館で行われました。

 

16回目となるこの絵画展は、子ども達に地域の文化や自然の魅力を知ってもらおうと開かれているもので、毎回「絵で伝えよう、わたしの町のたからもの」をテーマに絵画作品を募集しています。

 

今回は、市内の小中学生から「尾道の風景」や「祭りの様子」などを描いた作品142点が寄せられ、審査で最優秀作品などを選びました。

 

表彰式では、ユネスコ協会会長賞1点、最優秀賞5点、優秀賞11点に選ばれた児童生徒らに賞状が贈られました。

 

ユネスコ協会会長賞の高西中学校1年生 南璃音さんの作品は、長江にある「艮神社」を描いたもので、シンボルの大きな楠を大胆に描いています。

 

又、優秀賞を受賞した吉和小学校1年生の桃谷育杜君は、「じいちゃんのふね」とのタイトルで画用紙一杯に船と青い海を描いています。

 

稲田全示尾道ユネスコ協会会長は「受賞したことに自信を持って、これからも作品制作に挑戦してほしい」と話し、審査した尾道市立大学 芸術文化学部長の吉原慎介(しんすけ)教授は「身近な風景を作品にできることは素晴らしい」と話していました。

 

第16回尾道ユネスコ協会絵画展の作品は、市立中央図書館市民ラウンジで1月17日まで展示されています。

尾道市成人式

尾道市成人式    2020年1月14日放送

 

2020年尾道市成人式が1月12日、栗原町の「びんご運動公園」で開かれ、男女合わせて1,323人が新成人として門出の日を迎えました。

 

式には、男性428人、女性444人の合わせて872人が出席。会場でははじめに、尾道ベッチャー太鼓保存会が2曲を演奏し、力強い音色でオープニングに花を添えました。

 

佐藤昌弘教育長の開式の辞に続き、平谷祐宏尾道市長が式辞を述べました。

 

そして、昨年、尾道市小学校音楽コンクールでグランプリを受賞した、栗原小学校の児童が新成人に歌とメッセージを贈りました。

 

その後、新成人を代表して、東京の大学で相撲に打ち込んでいる村上 光起さんと、東京の音楽大学でバイオリンを学んでいる山本 絵里奈さんが、二十歳の誓いの言葉を述べました。

 

最後に、新成人が中学校時代に尾道市合唱コンクールで歌った「そこに風がいる」を全員で合唱しました。

 

今年は、1999年4月2日から2000年4月1日までに生まれた男性686人と女性637人の合計1,323人が成人の日を迎え、昨年に比べて61人増加しました。

美術協会 新春洋画展

美術協会 新春洋画展 2020年1月10日放送

 

尾道美術協会の会員による絵画展「第30回新春洋画展」が市内の3箇所の会場で開かれています。

 

新春を飾る展覧会として毎年開かれているもので、今年は美術協会の会員38人が出品しています。

 

久保1丁目の「画廊喫茶かのこ」では、12人の作品が展示されていて、風景画や人物画、静物画など、会員たちが自由な発想で描いた作品が並んでいます。

 

尾道美術協会の佐藤圭司会長は、土堂2丁目の尾道中央ビジター桟橋から見た、元旦の尾道の風景などを描いています。

 

また、美術協会会員で画廊喫茶かのこを経営する山口信哉さんは、西御所町の海岸沿いの風景画を出品しています。

 

佐藤会長は「それぞれの作品の持ち味と、会員たちの作品制作への意気込みを感じ取ってほしい」と話していました。

 

新春洋画展は、西土堂町の画廊喫茶「孔雀荘」で1月30日まで、久保1丁目の画廊喫茶「かのこ」と西御所町の喫茶「バンブー」で1月31日まで開かれています。

長江小 新春書初め大会

長江小 新春書初め大会   2020年1月9日放送

 

長江小学校の新春書初め大会が1月9日、学校の体育館などで開かれました。

 

長江小の書初めは、毎年3学期のはじめに行われている恒例行事で、1・2年生が硬筆で、3年生以上の児童が毛筆での書写を行っています。

 

5・6年生合わせて46人が参加した授業では、土井尚美(どい なおみ)校長が「これまで先生に教えられたことを思い出しながら、一筆一筆大切に書いください」と挨拶し、5年生は「新春」6年生は「伝統」の文字をそれぞれ半紙に書いていきました。

 

児童たちは週に1回、国語の時間に地域住民の講師から書写の指導を受けていて、書初めに臨んだ児童たちは、静まりかえった体育館で白い紙に向き合い、真剣な表情で筆を走らせていました。

 

長江小学校の書初め大会は、日本の伝統文化に触れる時間として続けられていて、学校ではこのほかにも、日本の伝統芸能の能や篠笛を学ぶ時間なども設けられています。

生涯学習発表会

生涯学習発表会 2020年1月9日放送

 

市内の公民館で行われている演芸や作品制作の成果を発表する「第29回尾道市公民館生涯学習発表会」が12月7日と8日、向島町の市民センターむかいしまで行われました。

 

発表会は毎年開かれているもので、今回は、市内の各公民館から52チーム、およそ540人が参加しました。

 

舞踊・民謡・フラダンス・三味線・大正琴・詩吟・甚句などの発表があり、訪れた人は演目が終わる度に拍手を送っていました。

 

2日目は、子ども達の演目も多くあり、キッズダンスや親子ダンスなど、可愛い子ども達の踊りに大きな拍手が送られていました。

 

生涯学習発表会の様子は、1月20日からコミュニティチャンネルで放送予定です。ぜひご覧ください。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 >>
7ページ中5ページ目