HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

市長会見 臨時放送

5月16日正午頃行われた、新型コロナウイルスに関する尾道市長の会見を臨時で放送します

放送日時

5月16日 16:50~ 18:30~ 23:05~
   17日 10:35~ 14:50~ 

市立学校や公共施設の再開についてなど、コメントがありました。

とりあん オープン

からあげ専門店『とりあん』オープン 2020年5月15日放送

 

 

テイクアウト・持ち帰りのからあげ専門店「とりあん」が5月12日に、久保2丁目にオープンしました。外出自粛が続く中、近隣の住民が多く買い求めています。

 

「とりあん」尾道久保八幡店は、唐揚げ専門店の発祥地とされる、大分県宇佐市の人気店「とりあん」の加盟店です。

 

店主の山本春近さんは、山口県周南市で8年間からあげ専門店を経営していましたが、尾道市の風土や人情に惹かれて移住。このたび店をオープンしました。

 

からあげは、国内産の鶏肉を使い大分の醤油をベースにした秘伝のタレをつけ、菜種油で揚げます。時折空気を入れる独自の揚げ方で、外側はカリッと香ばしく、中はジューシーな味わいと人気です。

 

新型コロナウイルス感染症の影響が収まれば、店内で唐揚げをつまみに、立ち飲み出来るスペースも稼動させる予定です。

コラ弁好評オードブル追加

おのみちコラ弁にオードブル追加予定 2020年5月14日放送

 

 

外出自粛中に楽しんでもらおうと、尾道の飲食店8店が参加したコラボーレーション弁当「おのみちコラ弁」のテイクアウトが好評で、第2弾としてオードブルの販売が企画されています。

 


おのみちコラ弁は、尾道市内にある飲食店、尾道らーめんベッチャー・ランチフローラ・キッチンすからべ・炭火焼肉カモメヤ・しまなみカレールリオン・尾道まなび村・鶴舞亭・フードバーアルバの8店が自慢の一品を持ち寄った弁当で、GW中の5日間限定で、販売されました。

 

500食は、あっという間に売り切れ、コラ弁を企画したグループでは、原価などを除く売上の一部を、新型コロナウイルス対策として、寄付する予定です。

 

そして、第2弾としてオードブル「おのみちごちそうセット」の販売を5月22日から3日間、予定しています。販売場所は、コラ弁と同じく東御所町の「尾道らーめんベッチャー」です。

尾道城 解体工事

尾道城 解体工事    2020年5月13日放送

 

千光寺山頂上付近にある元博物館「尾道城」で、頂上エリアのリニューアルに伴う、城の解体工事が進められています。

 

尾道城は、鉄骨一部鉄筋の4階建て、天守閣風の建物で、1964年に地元経済人が観光施設として建設、90年代に閉鎖されました。

 

城の解体は、尾道市が2017年に策定した頂上エリアのリニューアルに伴うもので、解体後の跡地は展望スペースとして整備される予定です。

 

工事は2019年12月頃から市内の業者によって行われていて、立地的に重機の搬入が難しいため、主に手作業で解体が進められ、現在は、展望台があった4階から上の部分が取り除かれています。

 

尾道市まちづくり推進課によると、工事は当初予定していたとおり、2021年1月中に完了する予定です。

尾道市 感謝の拍手

尾道市 感謝の拍手を実施 2020年5月11日放送

 

 

尾道市は5月8日から、毎週金曜日、新型コロナウイルス感染症の最前線で治療や感染拡大防止活動に従事している医療福祉関係者や社会生活を支えているすべての人に向けて、感謝と励ましの気持ちを込めた拍手を送る取り組みを始めました。

 

この取り組みは、Friday Ovation(フライデーオベーション)といい、広島県と県内の全23市町で実施されています。

 

毎週金曜日の正午に約1分間、市役所庁舎内などで、外に向かって拍手送り、感謝の言葉を口に出します。8日に1回目が行われ、尾道市役所本庁では平谷祐宏市長をはじめ、職員およそ400人が医療福祉従事者などへ感謝の拍手を送りました。

 

市では、当面の間取り組みを実施し、ハッシュタグを付けて実施した内容を写真や動画で撮影しSNS等で広く市民にも周知していくとのことです。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 >>
5ページ中4ページ目