HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

尾道市定例記者会見

尾道市定例記者会見   2020年7月13日放送

 

尾道市長定例記者会見が7月13日にあり、地域商品券の発行など新型コロナウイルスで落ち込んだ市内経済への対策について発表がありました。

 

新型コロナウイルスに対する取り組みは、6月の市議会で可決された第1次の対策に続くもので、この内、最も大きなものは「地域振興商品券」事業です。

市内などで使うことができる1万円の商品券を全市民に発行し、市民の生活支援と経済の復興を図ります。事業費およそ15億円は、国の交付金で11億円を賄い、残りの4億円を市の貯金である財政調整基金を取り崩して補います。

 

会見した平谷祐宏尾道市長は、「市としては、今後の災害なども想定しながら、財源的にギリギリのところで決断している。今後、議会の審議などを経て、9月下旬にはスタートできるようにしたい」と話しました。

 

その他、高速通信網が未整備の地域に光ファイバー網を整備する事業。市内の新規創業者へ賃料を支援する事業。レンタサイクルの利用者に飲食と土産物に使えるクーポン券を発行する事業。移動需要の落ち込みで影響を受けている交通事業者への支援金や、路線バス事業者などへの支援など合わせて23事業に24億4千万円の予算を計上しています。

これらの事業案は、7月20日・21日に開かれる市議会臨時会で提案される見込みです。

 

会見ではその他に、市内で宿泊した人が、5000円分の特典を受けられる「おのみちGo!Go!キャンペーン」についてなど説明がありました。

 

会見の模様は、明日7時と15時、21時から放送予定です。是非ご覧ください。

瀬戸田生徒 医療者へ感謝

瀬戸田小中高 生徒 市民病院へ感謝のお菓子を贈る 

2020年7月10日放送

 

 

瀬戸田高校の生徒が6月27日、新型コロナウイルス患者の入院病床を備えている尾道市民病院を訪れ、感謝の気持ちを込めて特産レモンを使ったお菓子を送りました。

 


瀬戸田小学校・中学校・高等学校の合同企画として、教諭に引率された瀬戸田高校の代表生徒の2人が、市民病院の大枝忠史(おおえだただし)院長と面談し、医療従事者に感謝を込めて、3校で開発した「サンシャインマドレーヌ」50個を贈りました。

 

包装紙にはそれぞれにメッセージを書き添えてあり、受け取っ大枝院長は「励みになります」と話しました。瀬戸田の小中高等学校は連携して、レモンを使った地域活性化に取り組む「レモンプロジェクト」を手掛けています。

 

市民病院に贈った「サンシャインマドレーヌ」は、小学生がパッケージを、中学生がレシピを考え、高校生が販売促進を手掛けています。

 

代表生徒の2人は「学校に行けるのも皆さんのお陰」「美味しいお菓子を食べてかんばって下さい」と話していました。

チャレンジショップOP

チャレンジショップ「たくま商店」オープン2020年7月9日放送

 

 

店舗の経営を考えている人たちにレンタルする、チャレンジショップ「たくま商店」が6月27日、因島田熊町にオープンしました。

 

建物は、空き家を改装した木造2階建てで、キッチンのある貸しスペースと、ゲストハウス3室が設けられています。

 

造船用の鋼材を使った家具や、海の青や、柑橘の色を使った食器などを備え、飲食や展示などに利用可能です。

 

「たくま商店」は、因島田熊町出身の岡野賢吾さんが、本業である飲食とゲストハウス経営のノウハウを生かし開業。起業やイベントを考える人に貸し出します。

 

当面は、岡野さんが土日のランチタイム限定の丼物専門店を開き、ゲストハウスは7月半ばに営業を始める予定です。

 

詳しくは 「たくま商店」のフェイスブックページをご覧ください。

林芙美子特別展

林芙美子特別展 2020年7月8日放送

 

 

尾道ゆかりの作家、林芙美子の遺品などを展示する特別展が7月12日まで、久保一丁目の「おのみち歴史博物館」で開かれています。

 

特別展では、林芙美子の遺品や書簡、原稿などおよそ55点が展示されていて、原稿の筆跡や手紙の文面などから芙美子の人柄を感じられる内容となっています。

 

昭和初期に婦人公論に連載された「南風」や、昭和26年に別冊文藝春秋に掲載された「大阪城」の原稿などは、何度も手直しを行った跡が残っています。

 

作家、川端康成と交わした書簡や、福山市出身の井伏鱒二から送られた書など、昭和の文豪達とのやりとりも垣間見る事が出来ます。

 

その他、煙草入れや手鏡、座椅子など、様々な日用品も展示されていて、当時の芙美子の暮らしぶりを感じられます。

 

又、展示室の入り口には、身長143cmだったとされる、芙美子の等身大の写真パネルなどが展示されています。

 

展示会の会期は7月12日まで、場所は、おのみち歴史博物館で開館時間は10:00~18:00まで、入館料は一般210円、中学生以下は無料で、毎週火曜日が休館です。

観光クルーザー進水式

観光型クルーザー「SEA SPICA」進水式 2020年7月7日放送

 

瀬戸内海を周遊する観光型高速クルーザー「シースピカ」の進水式が7月6日、向東町の造船会社「瀬戸内クラフト」で行われました。


「シースピカ」は、JR西日本などが瀬戸内エリアの観光振興のため、建造しています。進水式には、JRの関係者や造船所幹部、来賓など、およそ50人が出席し、神職による玉串奉奠などの神事が行われ、航行や船員の安全を祈願しました。

 

シースピカのアンバサダーを務めるアイドルグループSTU48の石田みなみさんと田中皓子さんが、船体を支える綱の切断を行い、出席者が見守る中、船はゆっくり海に進んでいきました。

 

おとめ座で一番明るい星「スピカ」と、海を意味する「シー」を組み合わせて命名された「シースピカ」は、全長25.7m、幅6.80m、定員90人、総トン数はおよそ80トン、航行速力は22ノット。安定感がある乗り心地の良い双胴船で、アルミ合金で作られているため軽く、速力が高いことが特徴です。

 

シースピカは、10月から当面の間、金曜から月曜までの週4日、広島港、呉港、瀬戸田港、三原港を1日1往復する通常運航を開始予定です。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 >>
5ページ中4ページ目